ケータイ小説 野いちご

ボーダーライン

子犬と狼と安全な人





 一度へし折ってしまった線でも、どうやら修復ができるようだ。

 この間のエロいキスが夢であったかのように、普段通りの毎日が続いてゆく。

 真紀は普通に毎日仕事に出かけ、俺も週に3~4日のバイトに出かける。

 家にいれば真紀がいても落ち着いていられるし、バイト先で吉田さんを見ると癒された。

 ファーストキスを済ませたけれど、今となってはなんてことはない。

 チューなんてこんなもんか、と思ってしまう。

 もう二十一歳だし、考えてみればチュー程度で盛り上がれる時代はとうに通り越している。

 もったいないことをしたな。

 変なポリシーなんて、もっと早くに捨てておけばよかったのかもしれない。

 自分のポリシーがくだらないような気になって、揺らぎ始めた。

 そんな時だ。

「私、彼氏と別れたんだ」

 バイト先で、吉田さんがこんな話をしてきた。

「店長には言わないでね。からかわれちゃうから」

 と、小さな声で。

 思い続けた俺に、希望の光が射し始めた。



< 57/ 82 >