ケータイ小説 野いちご

学校の怪談

第3話
笑う絵画

窓から差し込んだ太陽の光は白い廊下をオレンジ色に染めている。


午後5時を過ぎた校舎にひと気はなく、シンと静まり返っている。


そんな中を1人の女子生徒がシューズの音を響かせて廊下をかけていく。


友人たちと一緒に帰っていた女子生徒は教室に忘れ物をしたことを思い出したのだ。


友人たちに校門の前で待ってもらっているから、早くとりに行かないといけない。


慌てた様子で廊下の角を曲がったその先には、校長室があった。


文字が禿げている校長室のプレートを見た瞬間女子生徒はある噂を思い出していた。


それはこの学校に伝わる七不思議のひとつ。


校長先生の肖像画が突然笑い始めるというものだった。


噂を思い出した女子生徒の歩調がゆるむ。


恐怖心からか校長室を通り過ぎる足が重たくなって、なかなか前へ出なくなった。


友人を待たせているという焦りと、噂を思い出したことによる恐怖で気持ちばかりが焦る。


見てはいけない。


見ないまま通り過ぎてしまえばいいんだ。


自分にそう言い聞かせて校長室を通り過ぎようとしたその瞬間だった。


窓の奥に見えている何枚もの肖像画と視線がぶつかった気がして足を止めてしまった。


そして次の瞬間、女子生徒は確かに誰かの笑い声を聞いたのだった。

< 65/ 128 >