ケータイ小説 野いちご

とある先輩の、歪んだ狂愛。

recollection.1
歪んだ出会い





その発端は何だろう、なんて考えた時に。

そこに正解なんか結局ないんだと思う。



「……こんなの紙の無駄遣いでしょ」



悪口だらけの下駄箱で十分伝わってるのに。

上履きに埋め込まれるように“リセットボタンどこ?”なんてお手紙は要らない。


もう伝わってます、紙が勿体無いですよ。



“死ね”

“キモい”

“学校来るな”



わたしあなた達に何かそんなにも気に障ることをしましたか?

なんて思考回路がそもそもアウトなんだろうけど。



「お、冷淡ロボットが今日も来たみたいだぜ」


「ロボットだから頭にインプットされてるのよ」


「まぁそれしか脳ないしな」



わたしそんなお名前ではありません。

南 涼夏(みなみ すずか)です。


いつからあだ名が「冷淡ロボット」になったんだっけ。


高校に入学してまだ1ヶ月と少し。

と言っても、中高一貫校だからこそ新鮮味の無い中で学年が上がっただけ。




< 3/ 243 >