ケータイ小説 野いちご

キミに恋なんてありえない!?

熱が出ました。





次の日。



「38.7か…」



案の定私は雨に当たったせいか熱を出した。



「萌桃、俺学校行ってくるけど大丈夫か?
なるべく早く帰るから」


「ん。ありがと。」


蒼を見送るために今玄関にいる。



「…誰か来ても開けちゃダメだぞ」

「ふっ、はいはーい」


過保護すぎる蒼に少し吹き出してしまう。
笑った私に「真面目だから笑うなよ!」と声がかかってくる。



「じゃ、行ってきます」

「行ってらっしゃーい」





< 93/ 319 >