ケータイ小説 野いちご

強制食料制度

見かえり

和文が用意してくれた布団に横になると、すぐに眠気が訪れた。


色々とあったせいでほとんど眠れていない。


「ゆっくり寝るといいよ」


和文がそう言って部屋を出て行くときにはもう、あたしは夢の中に落ちていたのだった。


< 113/ 204 >