ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

拷問体力測定。



「愛莉っ!愛莉っ!」



翌朝、あたしはお母さんの叫び声で目が覚めた。


……はっ!


もしかして寝過ごした?


一瞬で夢の中から目覚め、布団をはぐけど……。



「なんだぁ……まだ大丈夫じゃん、ふわぁ……」



見えた時計の針は、まだまだ余裕の時間をさしている。



あたし、寝起き悪いんだ。


遅刻じゃないとわかったとたん、一気にまた睡眠モードへ。



「なにのんきなこと言ってるの!大変なのよ!!」



と思ったけど、お母さんの声がうるさくて寝ていられない。



「Gでもでたの?ふわぁ……」



お母さんの大変は、イケメン芸能人の熱愛報道とか、ゴキブリ(通称G)がでたとかそのくらい。


あたしにとっては大したことじゃないから、慌てることでもないと思っていると。


< 140/ 401 >