ケータイ小説 野いちご

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

5 君の苦しみを救いたい



「あのね、ちょっと聞いて欲しいことがあるんだけど」

終業式が終わって、帰りのホームルームのあと、四人で集まったときのことだった。

遠子がわたしたちにチケットのようなものを差し出して、恥ずかしそうに口を開いた。

「私ね、部活で描いてこの前コンクールに出した絵が……入選して、美術館に飾られることになったの」

香奈が「えっ!?」と声を上げ、菜々美も目を丸くしている。わたしも同じだった。

「ええっ、本当? 遠子!」

「うん、自分でも信じられないけど、本当……。昨日書類が届いたから」

「えーっ、すごいじゃん!!」

三人でぱちぱちと拍手を送ると、遠子は顔を真っ赤にして「ありがとう」と頭を下げた。

「それでね、明日から年明けまで展示されるみたいだから、よかったら三人にも見て欲しいなって」

「行くよ行くよ、もちろん行くよ!」

「遠子の絵、見たことないから楽しみだな」

香奈と菜々美が大きく頷くのに合わせて、わたしも「見に行く」と言った。

「よかった、ありがとう。あ、もし家族とか友達でチケット欲しい人がいたら、まだ余分あるから教えてね」

遠子が嬉しそうに笑いながら言った。

それからしばらくその話で盛り上がり、少しテンションが落ち着いたときに、わたしは深呼吸をしてから唐突に手を挙げた。

「わたしも聞いて欲しいことがあります」

わたしの突然の宣言に、遠子たちはそろって目を丸くする。

「なになに、なんで急に敬語?」

菜々美がおかしそうに笑って訊ねてきた。

「いや、なんか緊張して力が入っちゃって……」

「なにー、緊張するようなこと?」

香奈が首を傾げてから、からかうようににやにや笑って言う。

「まさか、やっぱり彼方くんのこと諦められないからもう一回告白する! ……とかじゃないよね?」

「えっ」

香奈の言葉に、遠子が慌てたようにわたしを見た。


< 158/ 200 >