ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月06日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上

    放課後、私は歌うのが好きで毎日屋上で歌ってる。
    誰にも聞かれることがないから安心して大声で歌っている。

    ーガラッ。

    私はこの時屋上に幼なじみの暁人(あきと)が来ていたのに気づかなかった。

    サビに入った瞬間肩を叩かれ振り向くと口を抑えられた。

    暁「もう離さないから、愛してるから傍に居て。付き合おう」
    私「プハッ、ちょっと〜!私が一番歌いたいフレーズ!てか、なんで居んの?」

    文句を言ってから我に返り聞いた。

    私「てか、歌うならちゃんと歌って。ただ言うだけじゃダメ」

    そんな事もどうでも良くなって再度文句を言うと、

    暁「は?今の俺からの告白なんだけど?」

    そう言って私を抱き締めた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    アイツからの呼び出し
    急になんだろう?と考えて待っていると、
    後ろに人の気配を感じて、急に温かくなった。
    「絶対に後ろ見るなよ!」
    アイツの声が耳元で聞こえた。
    低いが、何故か落ち着く声
    「はぁ?意味不明なんだけど…」
    彼が急に真面目になった。
    「俺、1週間後に引っ越すんだ。
    お前に1番に言いたかった」
    「え…ずっと一緒にいようって約束したのに!!
    嘘つき」
    「俺、引っ越す前にお前にどうしても
    言いたかった事があるんだ」
    shock過ぎて半泣きの私
    「俺、お前がずっと前から好きだった。
    付き合って下さい!」
    えっ!!!
    「俺、バイトしてお前に会いに来るから!!」
    「私も好きだよッ///
    ずっとそばに居てよ…(涙)」
    「離れていても、俺の気持ちは変わらないよ」

    「「約束」」
    私達だけの愛言葉

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 病院
    • 告白

    1ヶ月前。


    高齢者が乗った車が逆走してきて正面衝突した。
    急な出来事のあまり自分の家の車の後ろを走行していた車も急ブレーキをかけたものの間に合わず接触。




    運転席に乗っていたお父さん.助手席に乗っていたお母さん.お母さんの後ろにお兄ちゃん.その横に私が座っていた。




    私は事故直後、何とか自力で抜け出そうとしていたところを近くを通っていた同じクラスで学校1イケメンかつ不良の遼に助けて貰った。




    それからというもの。私は入院生活。何もかもが絶望だった。



    毎日のように遼はお見舞いにくる。




    『もう。見舞い来なくていい。』



    遼とはずっと仲は良かったと思う。
    普段はThe不良だけど助けてって言ったら助けてくれる。
    そんな遼をいつの間にか好きになってた。
    これ以上迷惑かけたくない。



    遼「俺が好きでここに来てんだ。お前が好きだから。それじゃダメか?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい (汐見 夏衛/著)

  • 私は、友達に「夜が明けたら、いちばんに君に会いに行く」の小説を貸してもらってから汐見さんを知って野いちごを見ていたらこの作品を見つけて、読んだらすごくいいお話で天音や遥の心情が凄く伝わってきました。
    あっという間に読んでしまいました。^_^
    そして、途中香奈や遠子達のお話で素直に伝えることってとても大切なんだとわかりました。絵の話が出てきて青磁が思い浮かびました。
    素敵な作品をありがとうございました。
    陰ながら応援しています^_^

    砂糖°   2019/05/05 22:48

  • すごく天音くんや遥ちゃんの性格や考え方が伝わってきました。
    情景描写がとても綺麗だな、と思いました。
    遠子ちゃんが美術館に行くシーンで言っていた「二年の上手な人」は、青磁くんでしょうか?そうだったら感動します。
    とても面白かったです!これからも頑張ってください!

    鵲 美織   2019/04/30 23:19

  • 最初の遥との出会いの場面や喫茶店で放課後に何気ない会話をしながら心地よく過ごす2人がとても素敵で印象的でした。天音がどういう人物なのか物凄く興味をそそられ、弟への唯一の償いとして自分が好きだったことを辞めたのだと真実を知り、とても複雑な気持ちになりました。
    だから私は~の遠子や彼方くんなど知っているキャラクターも出てきて、あの4人が前のような関係に戻れたのが個人的にホッコリしたりもしました笑
    女子ならではの仲のいい子達に置いていかれないように自分を偽ったり背伸びをする遥の姿につくづく共感させられました。
    学生の私にとって、いつも汐見さんの作品にはたくさん共感できるところがあり、共感できるからこそいろいろ良い意味で考えさせられます。
    汐見さんのおかげで夢中になれる幸せなひと時を過ごせました!
    素敵な作品をありがとうございました!
    これからも応援しています💓

    purplelove   2019/04/14 17:35

  • 言葉の1つ1つがとても綺麗で、心にすっと入ってくるようでした。
    遥ちゃんと天音君みたいにお互いの良いところも悪いところも受け入れて、助け合える存在って素敵ですね。

    この作品に出会えて良かったです。

    私も遥ちゃんみたいに少しでも前に進めるように頑張ります!

    ありがとうございました。

    いちごともち   2019/03/10 17:57

  • 学校の図書室の先生に夏衛さんの本をオススメされて、このアプリで本が読めると知って読みました。

    このお話は、ただの恋愛とかそういう単純なものじゃなくて、人間としての苦悩とか複雑なものがすごく描かれていて、言いたいことを言えないのとか、誰もがわかる悩みをこのお話を読むことで私たち読者も解決出来ると思います。
    本当に感動しました。

    kkkkkkkkae   2019/03/10 17:39