ケータイ小説 野いちご

生きたい。

アメリカに来ました。




アメリカにつくと、当たり前だけど日本語は通じなくて

私はそれだけで心細くなった。


こんなにも孤独感に襲われるとは思っていなかった。


「美波、こっちよ。」


私はただお母さんについていくことしかできず…。


「お母さんは英語わかるの?」


「わかんないよ。

でも行き方は聞いてたから。


わりと近いよ。」


ふーん…。



お母さんとタクシーに揺られ15分。


無事に病院についた。



「ここかぁ…。」


思ってたより小さい。

こんなもん?



< 40/ 94 >