ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カ・ン・シ・カメラ


勢いで颯の家を出たあたしは、帰り道颯にメールを送った。


《なんだか体調が悪いから今日は帰るね。


颯、18歳の誕生日おめでとう!


ケーキはちゃんと食べてね?


あと、棚にクマのぬいぐるみを置いてあります。


あたしからのプレゼントだよ。


クマさんが一番居心地よさそうな場所に置いておくので、動かさないでね。


じゃぁ、また明日学校で!》


普通彼女が途中で帰ってしまえば慌てるだろう。


だけどきっと颯は慌てない。


これだけのメールを信じ込み、あたしを追いかけようとはしない。


《そっか。お大事に!


ケーキとプレゼントありがとうな!》


短いメールが来てあたしは思わず笑った。


ほら、ね。


体調が悪いと書いたのに、家まで送って行こうとは思わないのだ。

< 39/ 224 >