ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カ・ン・シ・カメラ

デート

1年前から付き合っている天満颯(テンマ ハヤテ)は、あたしの前でスマホを確認している。


あたし、野原純白(ノハラ マシロ)はそれを横目で見ながらテーブルに置かれているジュースを一口飲んだ。


ここはあたしの部屋で、今日は日曜日。


付き合っているあたしたちは自宅デートをしているところだった。


「ねぇ、何を確認しているの?」


あたしより歳上の颯に聞く。


颯は矢井田高校(ヤイダコウコウ)の3年生、次の誕生日で18歳になる。


あたしは16歳の2年生だ。


「希彩(ノア)が学校の行事で昨日から出かけているんだ。宿泊授業で、今日の夕方には帰ってくるとおもうんだけど、まだ連絡がないんだ」


そう言い、またスマホを確認する颯。


あたしは希彩ちゃんの名前が出てきた途端に興味を失い、部屋にある小さなテレビの電源を入れた。


希彩ちゃんは颯の妹で、今中学3年生の15歳だったはずだ。


その年ごろに宿泊授業と言う事は、受験に関係する大切なものなのだろう。


あたしぼんやりとテレビをみながらそう考える。

< 1/ 224 >