ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。

《第二章》絡まる赤い糸






酷い男?
…なんとでも言え。

あいつが笑顔でいれるなら、


俺はどう思われたって、
どうなったって、

痛くも痒くもない。




《 第二章 》


< 112/ 470 >