ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま

四ノ章
奪還の時




「怪我の調子はどうだ」



部屋に籠っていた蒼子のもとにいずながやってきて尋ねた。




「あ・・・、もう全然」

「もう治ったというのか?」

「・・・私の身体、おかしいんです」




自分で言いながら切なくなる蒼子。
いずなはそんな蒼子を眺め、なにも言わず中に入ってきて蒼子の側に座った。
そして、蒼子の手を取ると着物の袖を捲り上げる。


「え・・・っ」

「本当に消えているようだな」




いずなはそういうとその手を放す。





「お前は、女なのだから。傷跡でも残ったらどうする。もっと自分の体を大事にしろ」

「え・・・」

「自分を傷付けることはやめろと言っているんだ。わかってるのか?」



厳しい表情でいずなはそう言い切った。





< 164/ 381 >