ケータイ小説 野いちご

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

立夏

―――プロローグ―――



生まれて初めてあたしが愛した人は

特攻隊員だった。



大きな愛を胸に秘めた、

優しくて強い、あたたかい人。


あたしの大切な人。



彼は、あたしと出会ったときには

もうすでに死を覚悟していた。




「愛する人たちを守るために

俺は死にに征くよ」



揺るぎない瞳で、そんな悲しいことを言った。



「行かないで」


泣いてすがるあたしを、


彼はただ静かな眼差しで

あたしを包み込むだけで………。




そして、ある夏の日、


恐いくらい綺麗に晴れた青空の向こうへ、


消えていった―――。





ねえ、彰。

あたしの声が聞こえますか。


今、あなたはどこにいるの?


そこは、痛みも苦しみもない、

安らかな場所ですか?



風に吹かれる花びらのように

儚く散ってしまったあなたが


せめて今は

穏やかに眠っていることを祈ります――





< 1/ 220 >