ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 下

8章





紀優side





紀「おはよう」






幹部室には、辰喜が既に居た。





辰「…はよ」





紀「昨日、遅くまで何かやってたの?目の下に隈出来てるけど」





辰「色々と考えてたからかな…」





紀「ふーん」





深く追求しないほうがいいかも…






辰「昨日さ、紀優が調べた情報をもっと調べたんだよ。」






ビクッと体が反応した。







辰「それで、情報出たんだよね。紀優も調べたでしょ」






紀「……」






< 104/ 244 >