ケータイ小説 野いちご

青に呑み込まれながら、ひたすら君を想う訳。

こっちを向いて。



「ラスト100メートル!!」


暑いグランドの上を、澄み切った空の下走っていた。


誰かの応援も、暑さときつさに負けそうになっていたのか。


・・・・・ほとんど、怒鳴っているみたいに聴こえる。



「よっしゃ終わった――――っ!!」


「お疲れさん!」



ゴールと共に、グランドにへたり込む私を、笑いながら、チームメイトが引っ張り起こす。


ありがと、と笑いながら起き上がって、チカチカする目を、強引に擦った。



< 1/ 18 >