ケータイ小説 野いちご

幕末オオカミ 第二部 京都血風編

第二章
・気がかり≪総司目線≫



島原から帰った俺を迎えたのは、たまたま廊下で出会った平助だった。


「あ、総司おかえり。非番だったんだよね。どこに行ってたの?」


「ああ……ちょっと、な」


楓の任務は極秘で、土方さんと近藤先生以外は知らない。


山南さんに恥をかかせてはいけないからだ。


「ねえ、この数日、楓が屯所にいないじゃない。

何かの任務で出かけてるの?」


平助が興味津々といった顔でのぞきこんでくる。


「極秘でな」


それだけ言って誤魔化すと、平助は不満そうな顔をした。


「自分だけ楓に会ってきたんだ。ずるい」


「そのうちまた会えるだろ」


「あーあ、俺も山南さんについて島原で遊んでこようかなー」


山南さんについて……ってことは、あの店に行くってことか?


「それはダメだ!」


あんな女郎姿の楓を、他のやつに見られてたまるものか!


ちょっと様子を見て帰るつもりだったはずが……狼化もしてないのに理性が飛びそうになったんだから。


平助があの格好を見たら、何をしでかすかわかったもんじゃない。




< 114/ 404 >