ケータイ小説 野いちご

幕末オオカミ 第二部 京都血風編

第二章
・明里の部屋で



天井裏に忍び込んだあたしは、じっと耳をすませた。


「まあ、また来てくれはったん?おおきに、山南先生」


明里さんの声がする。


そっと天井に小さな穴を開け、部屋の様子をのぞくと、山南先生が照れながら刀を置いていた。


明里さんはあたしと同じくらいの歳に見える。


すっとした目の美人なんだけど……。


「どっかで見たことあるような……」


あの少し低めの声も、どこかで聞いたことがあるような。


京に来てから1年以上立つし、巡察中に見かけたことがあったかな。


「体の調子はどうどす?」


「あ、ああ、以前よりも良くなったよ……明里のおかげで」


山南先生は照れたような笑顔ではにかむ。


ありゃあ、完全に惚れちゃってるな……。


明里さんも山南先生の話を笑顔で聞いたり、肩をもんだりしてあげている。


山南先生は、あたしたちには決して言わなかった隊内の愚痴も、明里さんにぽつぽつと話した。


明里さんは誰の悪口を言うこともなく、静かにそれを聞いていた。



< 109/ 404 >