ケータイ小説 野いちご

恋愛禁止(ホラー)

先生

竜季に会って気持ちが落ち着いたあたしは、ようやく部屋へと戻ってきた。


「どうしたのツムギちゃん。すごく冷えてるよ?」


いろはちゃんがあたしの髪に触れて驚いた声を上げる。


「大丈夫だよ。着替えに手間取って少し湯ざめしちゃっただけだから」


そう答えて、いろはちゃんに入浴中の札を渡す。


「風引かないように気をつけてね?」


「うん。ありがとう」


「じゃぁ、あたしお風呂行くから」


「うん……。あ、いろはちゃん」


部屋を出て行こうとするいろはちゃんを呼びとめる。

< 60/ 316 >