ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幼なじみがバスケ部に入った訳

作品番号
970125

最終更新日
2013/12/17

幼なじみがバスケ部に入った訳

桜ゆた/著 ジャンル/恋愛(学園)
32ページ
PV数/616,665・総文字数/9,995





ずっとずっと隣に居て、





それが当たり前だと思った。









背の小さな私と



バスケ部に入った幼馴染と



綺麗なシュートのバスケ部員









【イイオトココンテスト応募作品】


イイオトコ特集にて掲載して頂きました。
観覧有難うございます。



 


 




 


小説を読む