ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

綿菓子と唐辛子

作品番号
846632

最終更新日
2018/2/25

綿菓子と唐辛子

MEME./著 ジャンル/恋愛(その他)
265ページ
PV数/217,281・総文字数/111,465

思えば、きみはいつも
心の中で、泣いていた





きみのうらがわを見たくて
きみの笑顔を見ていたくて

無力だと分かっていながらも、ぼくは
キラリと光るみらいに、手を伸ばすよ


★¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨★

なぜか女の子の姿を消す・ヒメ

それをまっすぐ見つめる・ナツ

★¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨★


どんな過去をきみが抱えていたとしても
ぼくといて幸せだと感じてくれたなら

どんな きみだって よかったんだ


ヒメがたとえ目の前から消えたとしても
ぼくは、いつもきみの笑顔を探しにいく



*綿菓子と唐辛子*

(これは、きみをすくう物語)


since*2013.01.22
end *2017.06.26
2017/7/25 オススメ掲載


*舞川 しずく様*
素敵なレビュー
ありがとうございました!


小説を読む