ケータイ小説 野いちご

おじいさんと泥棒

作品番号
220804

最終更新日
2009/4/29

おじいさんと泥棒

光ノ星/著 ジャンル/その他
35ページ
PV数/1,494・総文字数/9,107


家内に先立たれて

ただゆっくりと時を
過ごしているだけの私。


あれは、家で紅茶を
飲んでいた時だった。


パリーン

「?」


ガラスの割れた音の
する方向には


一人の青年が

私の家の中に立っていた。


小説を読む