ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

さつきの花が咲く夜に

作品番号
1670575

最終更新日
2022/7/30

さつきの花が咲く夜に

弥 久 莉/著 ジャンル/恋愛(純愛)
106ページ
PV数/16,359・総文字数/127,058



 「出会いは必然。別れも必然。
だから、何げない出会いを大切にね」

 やわらかな陽だまりの中で、母がふわり
と笑う。私は小さく頷くと、うっすらと痣の
残る母の手を包み込んだ。




◇◇◇◇◇

※エブリスタ「新作セレクション」選出作品
☆2022.7.28☆
※この物語はフィクションです。
※表紙の画像はミカスケ様のフリーイラスト
からお借りしています。
※作中の画像はフリー画像サイトpixabayから
お借りしています。
※作中に病気に関する描写がありますが、
あくまで作者の経験と主観によるものです。

=====
参考文献
・Newtonライト3.0 相対性理論
ゼロからわかる相対性理論入門書


あらすじ

国立大学で働く桜井満留は、病床に臥す
母を抱えながら、鬱々とした日々を過ご
していた。病院に泊まり込みで看病をし
ていた満留は、ある夜、お化けが出ると
噂のある中庭で少年と出会う。亡くなっ
た祖母を想いこの中庭に足を運ぶのだ
と話してくれた少年に、自分と同じ孤独
を垣間見た満留は中庭で会うように。
一方、タイムマシン研究しているという
准教授、妹崎紫暢ともある出来事をきっ
かけに距離が縮まって。


小説を読む