ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

高嶺の社長と恋の真似事―甘い一夜だけでは満たされない―

作品番号
1658987

最終更新日
2022/5/11

高嶺の社長と恋の真似事―甘い一夜だけでは満たされない―

pinori/著 ジャンル/恋愛(純愛)
213ページ
PV数/1,178,307・総文字数/116,025


高坂美波
上条智司

過去の恋愛が邪魔をしてなかなか恋に踏み出せずにいた美波は酔った勢いを借り、上条と一夜を過ごす。

「上条さんが私に特別な好意を持ってくれていないことはわかってます。振り向いてくれる可能性がないことも、ちゃんとわかってます。その上で、諦めたくないんです」

その夜だけで終わらせたくはないと高々と宣言したはいいものの、上条から想いをほのめかされるたびに、距離を縮めるたびに、自分の中に違和感が浮かび始める。

「おまえの過去の恋愛話は聞きたくない」
「俺からは触れないっていうのも、案外厄介だな」

嬉しいのに。
ちゃんと好きなのに。
過去の恋愛でできた傷は、もう克服したはずなのに……近付くのを怖がる自分に気付いてしまった。

「おまえはたぶん、安心して片思いできる相手だったら誰でもよかったんだろ」

上条の冷たい眼差しに、すぐに返事ができなかった美波の答えは――。



2022.2.4 start
2022.5.11 end




あらすじ

高坂美波は上条をホテルに誘い甘い夜を過ごすも、翌朝隣に上条の姿はなかった。上条の秘書に関係は今回きりにするよう言われるが、もう恋におちかかっていた美波はそれを拒否し、その日から上条へのストレートすぎる猛アタックを開始する。一方の上条もつかみどころはないものの、まんざらでもない様子でふたりの関係は甘く色を変えると思われたが……。過去のトラウマが邪魔をする、焦れ恋ストーリー。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)