ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ずるすぎる幼なじみと甘々ふたりぐらし。
書籍化作品

作品番号
1653950

最終更新日
2022/5/3

ずるすぎる幼なじみと甘々ふたりぐらし。

ゆいっと/著 ジャンル/恋愛(学園)
298ページ
PV数/5,228,599・総文字数/100,421


お隣に住む伊緒くんは幼なじみ


高校に入学と同時、
お互いの両親の転勤が決まり

私の家でふたりぐらしを
することになってしまいました



☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆

一生懸命だけど、空回り気味
平凡女子

鈴里 桃
-Momo Suzuri-

×

独占欲強めで毒舌な
超絶イケメン

葉山 伊緒
-Io Hayama-

☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆



物心ついたときから大好きな伊緒くんは


「女になんて興味ねえ」


恋人になれる可能性は1ミリもなくて


「もう忘れたの? ニワトリ以下だね」


毒舌なのに


「寒かったでしょ、俺があっためてあげる」


時々、お砂糖みたいに甘くなる



「伊緒くん……ずるいよ……」



ねぇ、ほんとの伊緒くんはどっちなの?



*
*
*
*


「モモの髪、いいにおい」


「じゃあモモが嫁にくればいいじゃん」


「なんで俺のこと見てないの」


おまけに、ドキドキするようなことばかり
言ってくるようになって


「いおっ……くん、今……なに、したの……っ?」


「……ナイショ」



甘々すぎるふたりぐらしは
ドキドキの連続です

好評発売中

あらすじを見る
高1のモモは、超イケメンの幼なじみ・伊緒にずっと片想い中。「女には興味ない」と言っていた伊緒が好きなのは別の人だと勘違いし、気持ちを伝えられずにいた。でもワケあってふたりは同居することになり、本当はモモを一途に想っていた伊緒は無防備なモモに気持ちを抑えきれなくなって…!?「かわいすぎるモモにはお仕置きが必要だね」イジワルに迫る伊緒に、モモのドキドキは最高潮!両想いなふたりのゼロ距離・溺愛ラブ♡

小説を読む