ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

眠れない総長は眠り姫を甘く惑わす
書籍化作品

作品番号
1638111

最終更新日
2022/4/2

眠れない総長は眠り姫を甘く惑わす

北乃アトミ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
244ページ
PV数/5,653,598・総文字数/91,387




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

総合ランキング1位、
ありがとうございます!

第6回野いちご大賞【レーベル賞】
(ピンクレーベル)受賞いたしました。
ありがとうございます!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




記憶を失った少女
AYASE MINORI
綾瀬 みのり(17)

×

暴走族総長
KENZAKI MIKAGE
剣崎 御影(18)





とある抗争に巻き込まれ、
記憶を失った私を救ってくれたのは



とてもキレイな顔をした、
暴走族『白夜』の総長だった。



帰る家がわからない。
自分が誰かもわからない。



ただ1つわかるのは、
私はとある秘密を知ってしまい
襲われたということ。




「みのりが危険な目に遭わないよう、
俺が命懸けて守る」




こうして暴走族総長との、
危険な同居生活が始まった。





「今考えてること?
お前に触りたい、キスしたい。


で、


抱きたい」





溺愛以上の溺愛を感じる中、

私の脳裏を過るのは……





「………今、何か思い出しそうになった」





徐々に蘇る記憶。

迫る恐怖心。



「大丈夫、
無理に思い出さなくていい。
俺がずっと傍にいる」





どうして御影さんは、
記憶を取り戻すことを拒むの?





私が忘れている大切なこと、

それは一体───





22/01/30 完結

あらすじ

ちょっぴり刺激的なお話です❀

好評発売中

あらすじを見る
ある抗争に巻き込まれて記憶をなくしたみのりは、暴走族「白夜」のイケメン最強総長・御影に助けられる。「白夜」と敵対する「鬼炎魔」の秘密を知ってしまい、狙われたみのりを守るため、御影と同居することに。優しいけれど強引な御影の腕の中で「このまま一緒に寝ようぜ」なんて強引に甘やかされ、ドキドキ…!そんな中、みのりの過去と秘密をめぐり、族が動き出して…。「お前を守るためなら、俺の命くらいくれてやる」溺愛以上の溺愛にドキドキの暴走族ラブ!

小説を読む