ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

お日さまみたいな温かいキミに包まれて

作品番号
1630867

最終更新日
2021/7/28

お日さまみたいな温かいキミに包まれて

りょくちゃ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
79ページ
PV数/656・総文字数/43,365


1年生の頃からずっと片想いしている


満開の花みたいに笑う


とても優しい女の子。




そんな大好きな彼女と高校最後の思い出を作るため、


この夏、アプローチすることにしました。




◇────────◇


裏表なしの太陽ボーイ

清水景斗
しみず けいと

×

仮面を被った優等生

雪塚葵
ゆきづか あおい


◇────────◇




「中庭でお弁当食べよう!」
「クッキー作ってきたんだ!」
「勉強、一緒にしない?」
「海に行かない?」




近づきたくて、


元気づけたくて、




でも、なかなか心の壁は壊れなくて。




「本当のこと言ったら、
私のこと嫌いになるかもしれない」

「大丈夫。全部受け止めるから」




だから、教えて。話して。キミのこと。




◆『褒め上手な先輩の「可愛い」が止まりません』
に出ていた、景斗と葵の話です。

この作品単体だけでも読めるようになっています。




2021/7/5~


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)