ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

だから、お前なんて。

作品番号
1531226

最終更新日
2021/1/25

だから、お前なんて。

SEA/著 ジャンル/恋愛(学園)
94ページ
PV数/44,828・総文字数/38,653

本当に伝えたいことは
上手く言葉にできないくせに


伝えたくない言葉は
簡単に君に届いてしまう



*
*
*




「そーいう顔されると、余計にそそられる」



こんなやつの甘い囁きになんて
絶対、もう落ちたくないのに。



「ねえ……ぎゅってして」



なんでこんなに求めちゃうんだろう。



「お前のことなんかって思うのに俺の中では
どうやったって結局お前が一番なんだよ」




♡♡♡

小宮 杏彩
(Azusa.K)

×

春瀬 環
(Tamaki.H)

♡♡♡




「だから、お前なんて」



不器用な言葉の裏に隠された



「あんたなんて」



抱えきれないほどの想いが


君に、

お前に、


あわよくば、伝わればいい。




小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)