ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

きみと過ごした最後の日を、ぼくは覚えていますか。

作品番号
1462374

最終更新日
2017/12/26

きみと過ごした最後の日を、ぼくは覚えていますか。

白心 和。/著 ジャンル/恋愛(純愛)
24ページ
PV数/169・総文字数/4,585






あの日 空には、

大輪の火花が 咲き誇っていた。










▷ すたーと 29.10/7(土)

夏の終わった時期に、夏の切ない物語。



白心 和。




小説を読む