ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

零度の華 Ⅰ

作品番号
1414469

最終更新日
2019/7/17

零度の華 Ⅰ

狼零/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
332ページ
PV数/1,647,449・総文字数/130,833

一輪の花は氷に包まれるも美しく咲く


氷は溶け何色に染まるのか



氷が溶けたとき、水面に何を映すのか






……この時代に明日はない


*暴力的な表現が含まれます。
*不快になる言葉が含まれます。
*組織・団体については全てフィクションです。
*犯罪を含みます。




あらすじ

氷に包まれた花は散ることはない。
彼女の髪は何に染まるのか。
彼女の瞳には何が映るのか。
彼女の心はどこにあるのか。


小説を読む