ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先生は私の旦那様

作品番号
1295769

最終更新日
2016/8/22

先生は私の旦那様

みうらうみ/著 ジャンル/恋愛(学園)
119ページ
PV数/747,927・総文字数/86,867

円城寺稀美果 高校3年生



パーティーで知らない人に声を掛けられ



危ない目にあう所を助けてくれた優しい人



背が高くて凄いイケメン



スタイリッシュな眼鏡を掛け



眼鏡の奥の瞳はとても綺麗で見つめられたら



逃れられなくなってしまいそう。



なんて素敵な人なんだろう。



私は一目で恋に落ちてしまった。



私は最高の笑顔を作りお礼を言った。



「助けてくれて有難うございました。」



しかし、彼から発しられた言葉は



「お前馬鹿か?!知らない男にのこのこ付いて行こうとして!!」


えっー!!! 


そしてその人は私の夫となる人だと教えられた。


イヤー!!!!!







佳乃こはる様、チョコ15様 感想頂き有難うございます。

葵翼様 レビューを書いて頂き有難うございます。






 


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む