ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕があの子を好きになっても良いですか?

作品番号
1246543

最終更新日
2015/11/23

僕があの子を好きになっても良いですか?

米本美生/著 ジャンル/恋愛(純愛)
203ページ
PV数/296,710・総文字数/74,135

熱なんて日常茶飯事

37度が平熱

マスクのせいで
眼鏡が曇るのは当たり前

病院では有名人




そんな病弱男子が恋したのは?



容姿端麗

成績優秀

性格良しの優等生




性格も

クラスでの地位も違い

共通点なんてないけど

惹かれてしまうんです




心優しい病弱男子
白羽斗真ーSirahane Toumaー

「あ…ありがとう」


×


「良いの!気にしないで」

頼れるクラス委員長
黒木美夜ーKuroki Miyoー




こんな僕ですけど
あの子を好きになっても

良いですか?






☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続編あります。
現在非公開中ですが。

リクエスト募集中です。

ゆっくり編集していきます。
誤字脱字・矛盾点ありましたら
お気軽に感想ノートへどうぞ


尚作者は医療関係者ではありません
全て作者の想像で書いています

そしてこの話は正式な設定はしていませんが
きっと現在より数年医療が進んでいます
斗真の家にあるベッドは存在しないと思います
そこも全て作者の想像です




*感想ノートの書き込み*

ワルツ。様



ありがとうございます(´艸`*)






小説を読む