ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ハチミツみたいな恋じゃなくても。
書籍化作品

作品番号
1077001

最終更新日
2019/4/25

ハチミツみたいな恋じゃなくても。

Aki*/著 ジャンル/恋愛(純愛)
243ページ
PV数/6,293,008・総文字数/102,151

予告マンガはコチラ!
作画:杏
原作:Aki*
マンガを読む


中学3年生の秋、


初めての恋をして、

初めてフられた。


それから時は流れて……

高校3年生の春。


偶然再会した彼の隣には、

見知らぬ女の子がいた。




「蜂谷って、本当に性格悪いのな」

「うるさいっ!」


分かってる。

自分がどんどん
最低な女になってゆくこと。


それでも……


抑えきれない“好き”を

どうしたらいいの……?



こんなあたしを抱きしめるのは、

彼の……親友。



「あたしがそばにいて欲しいのは、
あんたじゃないっ……」


「知ってる。
だから、俺にすれば」



いつも意地悪ばっかり、
面白がってるだけのくせに。


どうして、そんな切ない顔をして言うの……?



「絶対、好きにさせるから」



恋は甘くとろけるような、幸せばかりじゃない。

それでも……気付いてしまったら、
止められない。


ハチミツみたいな恋じゃなくても。


(原題 みついろ恋想い。)


2014.08〜2017.03


2017.09.25
野いちご文庫より文庫化!

(こちらは編集前のデータであり、
書籍では内容が一部異なります)


*special thanks*

榊あおいさま
AINeさま
美運さま
きょん、さま
ゆ*なさま
立花リツカさま
ななのの702さま
Dark redさま

素敵なレビューをありがとうございました(;_;)

好評発売中

あらすじを見る
高3の花音は他校に通う初恋の人に再会。でも彼には彼女がいた。どうしてもあきらめられない花音は、彼の親友の圭太に「俺と付き合えば、いつでも会いに来れるよ」と言われ、付き合っているふりをすることに。意地悪だけど意外と優しい圭太には、ありのままの自分を見せられて、なんだか居心地がいい。さらに実は花音のことが昔から好きだったという圭太に、「絶対好きにさせる」と宣言されて…?

この小説の宣伝エアラブ

小説を読む