ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上

    ※最後の投稿にします。
    もったいないと思った人は、いいねください。

    何となく、上を見上げた。
    満天の星と小さな三日月が君の存在を確かにする。

    君との感覚が抜けない。戻りたい。でも戻れない。

    「なんで…私を置いて行かないでよ…。」

    潤んだ涙を拭って下を向く。
    君はいなくなってしまった。
    私に何も言わないまま。

    『おねがいだ…泣くなよ。俺はずっとここにいるから。』

    ふと君の声が聞こえた。
    私は反射的に顔を上げる。

    『今、お前に触れないのがつらい。ごめんな。』

    君がはっきりと私の目に映る。
    彼の目から流れる涙は、星に変わり輝き絶やさなかった。

    体は半透明。
    月明かりで体がすけている。

    「いなくならないで…!」

    『ごめん。でも、俺、死んだからさ…。何もしてやれなかった。』

    「いいの、ずっと大好きだから!」

    ぱあっと光る。
    君の流した星を抱き寄せ、消えた君をずっと見ていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    放課後。俺は始業式を逃し、昼休みに桜の木の下で出会った黒髪の彼女を探していた。

    初めて会ったとは思う。けれども、彼女に懐かしさを感じた。まぁ、一目惚れでは無いだろうが。

    不幸体質と言えるほど、小さい頃から何かと面倒ごとに巻き込まれ、今日もそのせいで遅刻し、正直結構へこんでいた。

    そんな時に出会った彼女は、ちょっと変わっていて、混乱して「こんにちは」なんて挨拶をした俺に笑いかけ、同じように「こんにちは」と返した。

    けど「どちら様ですか?」と聞かれ、ちょっと困ったけど。

    俺は廊下を歩いていく。他の生徒が見当たらないから、帰ってしまった可能性が高いな。

    そう思っていると、俺の耳にピアノの戦慄が聞こえた。昼休みに聞いたメロディーと同じだ。

    俺は急いで音楽室に向かう。すると、昼間の女の子がピアノを弾いていた。

    何故か、涙がこぼれる。

    その理由を、俺はまだ知らなかった。

    開く閉じる

    • 逆ハー2【お題】
    • 登校中
    • 告白

    「なー、早く言えよ。俺と付き合うって」
    そう迫ってくるのはユウキ。俺様な幼なじみ。
    「やめて、みんな見てるから!」
    「顔、真っ赤だぞー」
    そりゃ、顔がすぐ横にあったら…

    「山田!はよ!って…ユウキ。近い」
    「…っ!アツキくん!」
    涼しい風が吹くように現れたのは、ユウキの親友のアツキくん
    「山田、あいつじゃなくて俺にしとけよ!」
    と顔を近づけてきた。ち、近い!!
    「そ、そんな事言われても…それは」
    「おい、アツキ。離れろよ!こいつは俺のだ」
    「いいや、山田はまだ誰のものでもない。俺が予約してるから」
    「あぁ??」
    朝から恥ずかしすぎる。周り見てるし…

    「お願い、やめて!!ここは恥ずかしすぎっ」

    「じゃあ、今日の放課後、返事聞いていい?」

    へ??そ、それは。

    「あぁ、いいんじゃね?それではっきりするわ」

    そんな〜!!もう、放課後なんて来ないでくださーい!!
    「「待ってるから」」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ハチミツみたいな恋じゃなくても。 (Aki*/著)

読んで下さり、ありがとうございます!一言でも感想いただければ嬉しいです(*^^*)

  • はじめまして!
    久々に野いちごを開いて読んだのがこの作品でよかったと思ったので、感想を初めて書かせていただきます。
    この作品の名前を見た時に、気になったので読んで見たら、この花音ちゃんの一途で絶対にあの子なんかより私の方がって気持ちや、圭太君の誰よりも花音ちゃんを見てる姿が本当に素敵だと思いました。

    確かに、自分を支えてくれてる存在だった人が、まさか自分の邪魔をしてた人だと思ったらモヤモヤするけど、『こっち向いて恋をして』を呼んだ後にまたこの話を読んだら、最初の時とは少し違う感じで読むことができて、本当に最高の作品だと思いました。

    なんかこの作品を見たら他校もやっぱりよかったなと自分の恋愛に対しても色々考えさせられてすごく楽しかったです!
    やっぱり、男子の部活を頑張ってる姿は素敵だと思いました。

    花音ちゃんのちょっとツンデレな所が自分と重なったので、是非ひかりちゃんと朝日君の前で圭太君に対してケーキ屋さんの時よりズバズバ言ってる姿とかを番外編とかで見たいななんて思いましたっちゃいました笑笑
    (それを見て仲良く顔見合わせて笑ってる朝日君カップルを勝手に想像してしまいました)

    この四人野いちごの作品の中で大好きです!

    本当にこの作品を書いてくださりありがとうございます!そして、書籍化おめでとうございます!
    長い時をかけて書いてくださったことに感謝します!!!
    Aki*様の作品のファンになったので、これからも応援させてください!
    また素敵な作品を待ってます!
    この作品をちょこちょこ見ながらニヤケて行こうと思います!
    本当にありがとうございます!

    森野 柚香   2018/02/05 05:29

  • Aki*様こんにちは(*˙˙*)♡
    「こっちを向いて、恋をして」を読んだ後にこちらの「ハチミツみたいな恋じゃなくても。」を読ませていただきました。

    だから花音ちゃんの想いも分かるし、ひかりちゃんの想いも分かるしで頭の中が混乱してました(笑)やっぱりどこいっても朝日くんは人気者なんですね( ̄ω ̄;)

    でも、中学時代両想いだったのを今になって知った時を自分に置き換えて考えると、邪魔した相手が誰だとしてもやっぱり嫌だし悔しいなって思いました。最後は圭太くんの猛アタックにやられちゃう花音ちゃんが可愛すぎてもう良くなっちゃったんですけどね(笑)

    この作品は前に1度読んだことがあり、その時も好きだなって思ったのですが、朝日くんとひかりちゃんと優衣ちゃん、それから圭太くんのエピソードをしっかり知って読み直すと何かこう、こみ上げてくるものがありました。内容もほんとに好きですし、花音ちゃんの揺れ動く感情がわかることも好きです。またちょこちょこ読みに来させていただきます(*´`)♡

    Aki*様のこの作品に出会えて良かったです((´∀`*))

    ❁*.麗華.*❁   2018/01/27 14:32

    この度はこっち恋とハチミツの両方を読んでいただき、そして素敵な感想まで残していただき、本当にありがとうございます(><)♡

    こっち恋を読まれていると、花音って嫌われちゃうかな……って思っていたので、気持ちが分かると言ってもらえて良かったです!(でも、混乱させてしまってごめんなさい……汗)
    好きな人と両想いだったのに、邪魔されたら悔しいですよね!でも、悔しさ以上に圭太のことが好きになっていた……というのが表せていたらいいなぁと思います(*^^*)

    ひかりや朝日達の気持ちも汲み取って下さって、再度読みに来ていただけるくらいこの作品を気に入っていただけたのなら、それほど嬉しいことはないです(´;ω;`)
    こちらの方こそ❁*.麗華.*❁さんに出逢えて、本当に良かったです!!

    作者からの返信 2018/01/30 12:13

  • 初めまして!!
    「ハチミツみたいな恋じゃなくても」が好きすぎてもう3回くらい読んでしまいました笑
    野いちごの中で1番好きな作品です♡
    切なくて、でもきゅんきゅんして…
    あまりないタイプのストーリーなので、とても作品の魅力に惹かれました!!
    花音ちゃんのキャラ最高すぎます笑
    気取らなくて、でも照れ屋さんな感じが可愛くて大好きです!
    圭太くんも意地悪だけど一途で花音ちゃんのことを手に入れるため頑張ってて…
    カッコ良すぎます♡笑
    こんな恋愛がしてみたいです笑

    またステキな作品待ってます♪

    ちぇりーふらわー   2018/01/18 02:43

    はじめまして。感想ありがとうございます!
    野いちごさんには素敵な作品が沢山ありますが、その中でハチミツが一番好きだなんて、嬉しすぎます……(´;ω;`)♡
    花音は最初嫌われるかなって思いながら書いたのですが、可愛いと言っていただけて良かったです〜!!ストーリーもキュンキュンしていただけたのなら、嬉しいです(*^^*)

    またちぇりーふらわーさんに楽しんでいただける作品が書けるよう、頑張りたいと思います!素敵な感想を残してくださいまして、本当にありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡

    作者からの返信 2018/01/24 15:47

  • 最初花音にイライラしてたのですが、一途なのはすごいしなんか憎めないなぁって感じでした。
    圭太くんとの絡みはもうにやけっぱなしでした(^^)
    最後本当のカップルになったときなんかもう頬が緩みまくりで!!!
    切ないながらもたくさんキュンキュンさせられました。
    とっても素敵な作品でした!

    立花リツカ   2017/11/18 00:08

    はじめまして。お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません(><)
    素敵な感想とレビューまで、本当にありがとうございます(;_;)!!

    花音は書きながら自分でも「この子は嫌われるだろうなぁ」と思っていました!(笑)最初はイライラさせてしまったということですが、最終的には憎めないと思っていただけて良かったです(>_<)そして、圭太との絡みにキュンとしていただけて、ものすごく嬉しいです(*^^*)

    宣伝みたいになるのですが、発売中の文庫の最後にその後のふたりの様子を番外編として書き下ろしています。書店でお見かけすることがありましたら、良かったら覗いてやってみてください(*^^*)

    作者からの返信 2017/12/02 15:53

  • めーーちゃくちゃキュンキュンしました~♡♡
    幸せをありがとうございます笑笑
    圭太くん大好きです♡(*´˘`*)♡こんな人に出逢いたい…笑
    真っ直ぐに一途に想ってくれる感じとか、エスコートしてくれる感じとか、安心感ありすぎて、彼氏の鏡ですね☆*。
    次は初恋*シュガーソルト読みます!!めちゃ楽しみ♡
    キュンキュンして、心癒されて、明日もがんばります!笑笑

    奈宮 ココ   2017/11/15 02:23

    はじめまして!こちらこそ嬉しすぎる感想をありがとうございます(´;ω;`)!!

    圭太を気に入って下さって、キュンキュンして下さったなんて、本当に嬉しいです〜(>_<)♡そして圭太が彼氏の鏡だなんて!恐れ多いですが、そんな風に言っていただけてとっても幸せです(*´ω`*)

    そして、シュガーソルトまでありがとうございます!主人公もヒーローも、ハチミツとはタイプが違うのですが、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです(*^^*)

    素敵な感想に、こちらこそがんばろう!って思わせていただきましたよ!!
    本当にありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡

    作者からの返信 2017/11/15 22:46