ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年12月10日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 7人の幼馴染と私
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    開く閉じる

    • 先生

    「お前なーまた授業抜けてきたのかー?」

    「えへへへー。先生に早く会いたくてー」
    「授業終わるまで我慢しろ。」
    本当はずっとここにいてほしい。
    「むー。せんせーひどーい」
    プクーっと頬をふくらませるとか可愛いすぎるから

    「せんせーにひどいからお仕置きだ!!」
    チュッ。
    俺の頬になにされた?えっ?キス?まさかね?じゃあ何?えっ?えっ?キスなの?キスだったら、俺やばいよ?うそ、マジ?

    「てへへ、キスしちゃった!」

    「今は勤務中だ。」
    なんで素直になれないんだ。

    ヒックヒック。可愛いなき声。えっ?泣いてる?

    「ごめんね!嫌だったよね。ごめんね!嫌いにならないで!!ごめんね。ごめんね!」

    嘘。おれ、泣かせた。最低だ。

    素直になろう。

    「ごめんな、本当は嬉しかったんだ。ただ、お前にキスしてもらえるなんて思わなかったから。ごめんな、お詫びに」

    チュッ。俺は甘い甘いキスを君におとした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 休日
    • 街中
    • 頭ぽんぽん

    とある休日。街中を歩いていると声をかけられた。
    その人は昔引っ越した幼なじみだった。

    「あれ?久しぶりじゃん!俺だよ俺!覚えてるか?」

    「覚えててくれたんだ!超嬉しい!なんでここにいるかって?昔住んでいたこの街にさ、俺の好きな服屋が出来てさ、買いに来たんだよ!」

    「でさ、久しぶりにここに来たらお前がいるんじゃないか探してたんだよ!ホントは連絡したかったんだけど、せっかくだからサプライズで会いに行こうかな?なんてね笑」

    「でも、ホントにお前に会えるなんて思ってなかった。ずっと、会いたかった」

    「お前も?俺に会いたかった?そっか、嬉しいな!」

    「あの頃は俺の方が小さかったけど今は俺の方が背、高いな!当たり前か。もう、5年だもんな」

    「ほら、こんなに!笑」

    そう言って彼は私の頭に手を置いてきた。

    「怒るなって!ホントお前、可愛くなったよな!まあ、昔も可愛かったけどな!」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

★*神楽*★

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:♡優月♡(初回登録:2016/05/18)
  • 2:神楽 優月(変更1回目:2017/06/02)
  • 3:★*神楽*★(変更2回目:2017/09/25)

【会員番号】863765

【性別】女

【誕生日】1983年06月29日

【自己紹介】私…神楽。二児のmamaしてます★新潟県に住んでます。

ファン数増えて嬉しいです☆コンテストエントリー中デス。

よろしくお願いいたします。

【HNの由来(本名はダメ!!)】初めて小説書いた時の名前

【生まれたところ】新潟県

【血液型】A型

【星座】かに座

【身長】176

【体重】秘密

【髪型】ボブ

【性格】明るい、面白い

【持っている資格】ホームヘルパー2級

【自慢なこと】詩が選ばれたこと

▲