ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 校舎裏

    「もう、クリスマスかぁ」


    雪が降る中そんなことを口にしていると


    「何言ってるんだよ!」


    「げっ」


    「げっとはなんだ!げっとは!?」


    「別に」


    「はぁー、たくっ、せっかく俺がクリスマス一緒に過ごそうって誘おうと思ったんだけどなー」


    「え?」


    「だから!クリスマス俺と……
    過ごして欲しい……///」


    「///し、仕方が、ないなー//
    特別に付き合ってあげる!」


    「ぶっ、特別ってなんだよwww」


    「う、うるさい!///」


    「大好きだよ」(ボソッ


    「え?何か言った?」


    「なんも言ってねぇよ!///」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「どうせお前、彼氏もおらんくて1人で真っ直ぐ帰るんやろ?だったら俺が、クリスマスデートしたる」

    入学後間もなく、貧血を起こして廊下で蹲ってる所を助けてくれてから、何かと絡んでくれる先輩。少し俺様で振り回してくるけど、優しくて片想いしてる。そして今、私はうんともすんとも言ってないのに、手を握られて引っ張られている。

    「先輩…どこ行くんですか…?」
    「黙って来い!」

    先輩は悪戯な笑みを浮かべて振り向いてきたが、足は一切止まらない。
    気付けば駅前の大きなクリスマスツリー前。赤やら白やらの、綺麗なイルミネーションに飾り付けられている。毎朝ツリーは横目に見ているが、先輩と見るのは特別だ。

    「お前のこと好きって言ったら驚くん?」
    「します」
    「…その割に冷静やな」
    「先輩が私のこと、女子として好きなわけないじゃないですか」
    「……本気」

    先輩は優しく唇を重ねてきた。
    世界一甘い初キス。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「今年もクリボッチかー…」

    私は、クリスマスツリーの前で呟いた。

    「仲間はっけーん」

    後ろからの声は幼馴染みの直樹。

    「直樹が珍しいね。いつもは彼女といるのに」

    「そう?今年のクリスマスは好きな人と過ごしたくってさ」

    「じゃあ、ここに居たらダメでしょ。早く彼女のとこに行きな」

    私はあっちいけと手で追い払った。

    「俺は、お前といたい」

    「何言って…」

    「俺はお前とクリスマスが過ごしたい」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

清瀬美月

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:清田美月(初回登録:2013/02/10)
  • 2:清瀬 美月(変更1回目:2013/03/10)
  • 3:清瀬美月(変更2回目:2017/01/14)

【会員番号】521797

【性別】おんな

【誕生日】真冬

【自己紹介】はじめまして。

清瀬美月です。


どうぞ、よろしくお願いします。

【血液型】B型 !!

【星座】水がめ座

【性格】ゆっ、っったり。

【好きな男性のタイプ】私の好みはマニアックらしいです。

【ある休日の過ごし方】遅寝遅起。

【好きな食べ物】シロクマくん。

【嫌いな食べ物】生温かくて甘いもの。

【好きな季節】年末の慌ただしさがすき。

【とっておきの時間の過ごし方】お昼から、美味しいお酒。そして、たくさん笑って、一緒にお昼寝。

【手放せないもの】コンタクトレンズと携帯。

【マイブーム】水炊き

【今一番欲しいもの】薄くて軽い、ノートパソコン。

【今一番行きたいところ】東欧

【今一番やりたいこと】オーロラがみたい

【最近感動したこと】努力した分だけ、報われる。

【最近ひそかに興味があること】習字。

【1億円あったらどうする?】旅行。

【願いが3つかなうとしたら?】家内安全。

【今までの人生で素敵な思い出】それは、あれかな。

【今まで生きてきて一番痛かったこと】出産。

▲