ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

海宝堂〜海の皇女〜 (さやか/著)

読んで下さってありがとうございます。
感想、レビュー、よかったらお願いします

  • 楓さん

    完読ありがとうございますその上素晴らしいレビューまで…読んでいて感動のあまり泣きそうでした

    私の目がキラキラしているかはともかく海宝堂のキャラクターへの愛は果てしないです
    いつも小説を読む時、その物語のキャラクターの普段の姿をよく妄想しますだから、海宝堂のセリフはそんな普段の彼らが話の途中にひょっこり出てきてしまいます
    作品としては余談は不必要かな…話の主な筋だけに集中させるべきかな…と、書きながらカットも考えるのですが、でもそれが彼らなんだし、読んでくれる人達にもこんな子達なんだよと知ってもらいたいと、そのまま書いてます
    それが自然だと言ってもらえるとキャラクターの存在を認められたようで嬉しいです

    3作目…頑張って、読み手さんの顔がキャラクターと同じように怒ったり、笑ったり出来るそんな作品にしたいと思います

    長い目でお待ちください
    本当にありがとうございました

    さやか   2010/10/08 13:51

  • こんにちは。
    長らくかかってしまいましたが、今読み終えました。

    何より素晴らしいのは、キャラクターの闊達さ。生き生きとした彼らの姿の向こうに、さやかさんのキラキラとした瞳が見える思いがします。

    愛されてるなあと。

    彼らのセリフはとても自然で、芝居臭くなくて、まるで僕も一緒に旅をしているかのような錯覚になります。

    久しぶりに読めてよかったです。ワクワク、ドキドキ、これこそ冒険小説の醍醐味ですよね。もちろん忘れていた訳じゃないけれど、その気持ちを再確認できました。本当にありがとうございました。

    三作目、最終章ですか。首をながーくして待ってます♪

    楓 十色   2010/10/07 14:27

  • 楓さん
    いえいえ、私もそちらにお邪魔出来てませんから(;_;)

    無事完結されたんですね!読みに行かなきゃo(^o^)o冒険ジャンルのランキングを見ると、素晴らしい出来なんでしょうね(*^-')b

    私も頑張らねばp(^-^)q
    まずは最終章。次に海の皇女の推敲…何時になるかわかりませんが(^-^;

    話の内容は私もかるーく忘れておりますので(ヲイ
    お気になさらずに(笑)
    推敲したなら、前のは忘れてもらったほうがいいのかも。

    ありがとうございました。

    さやか   2010/09/30 14:38

  • こんばんは。
    どんだけご無沙汰しとんねん、と自分に突っ込みを入れつつ、ご無沙汰です(汗

    続きを読みに来ました。
    いい訳ですが、冒険物語を推敲していました。それがようやく片付いたんですね。
    長かった……

    そんなわけでまた宜しくお願いします。シーファ、ヌルドに連れ去られました。懐かしい。そして結構忘れている(をい

    また続きを読みに来ますね。
    ではでは。

    楓 十色   2010/09/27 20:56

  • 紺野 楓さん
    毎度ありがとうございます(笑)

    シーファの旅立ちには沢山の人の想いが交錯して、ホントはもっと深く書けたらと思ってました。
    でも、完成を急いだのと、その後の事を考えてしまって結構コンパクトになってしまいました今さらですが…
    リタの心情なんかもっと描けたはずなのに…
    いつか改訂できる日がきたなら、深く書いてみたいと思います。

    のんびり、お時間のあるときにでもまたお越しください

    さやか   2010/07/01 15:05