ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

シュガー*エッセンス(加筆修正中) (琴鈴/著)

ありがとうございました

  • こんばんは^^

    読んでると凄く切なくなっちゃうほど愛奈ちゃんの心が描かれていて、おせっかいかもしれないけど「どうしたの?なんかあったの?」って聞きたい心情になりました。

    特にお母さんとのやりとりは切な過ぎる。

    まだ途中。また読みにくるね^^

    心樺   2012/09/28 17:27

  • こんにちは。
    元気ですか、お久しぶりです。心樺です。

    こちら、本棚in♪

    まだ読み始めたばかりだけど、これからどうなっていくのか、色々、考えさせられそうなメッセージ性のあるストーリー。

    ゆっくりだけど、読ませていただきます♪

    では、また、来ますね^^

    心樺   2012/09/20 16:37

  • 愛姫ちゃんっ!
    予告通り登場しました、真依です(`•ω•´)←黙れ

    うーん…
    愛奈ちゃん、寂しかったから自分をちょっと偽ったりしちゃってたんだね(´・ω・`)
    確かに完璧になれば誰からも愛される人になりたいって誰もが思うことだもん。
    でもね、あたしこのタイミングで愛奈ちゃんがリューガにフられてよかったかなぁ~、なんて思って(笑)←ちょ、黙ww
    多分なにか完璧な世界を壊すものがないと、愛奈ちゃんはずっとしんどいままかなって思ってたから…(´・ω・`)

    そしてそのあとの先生!
    頭に浮かんだときに出会えるとかほんとうれしいよね///
    もうかっこよすぎるっ!
    愛奈ちゃんも素をだしたし、先生もそれをちゃんと受け止めてくれるし。


    …なにが言いたいんだろう、あたし(笑)
    久々のくせによくわかんない感じになってごめんね(>_<)!

    愛姫ちゃんあいらびゅっ///

    ~真依~   2012/09/15 17:46

  • 愛姫ちゃんっ。お久しぶりの登場でございます晴虹です\^^/

    なんかねなんかね?愛奈ちゃんの気持ちが、去年のさ迷ってたあたしとだぶって見えて苦しい。お母さんの言葉が理不尽に感じたり、好きなのに嫌いで、大切な存在なのに『消えちゃえばいい』って言ったりもして…。家出もたくさんした。最初は本当に『探しに来てくれるだろう』って思って期待してたけど来なくて寂しくて。愛奈ちゃんの気持ちが身近に感じられました。
    そしてそんな愛奈ちゃんを気にかけてる先生がかなりかっこゆす~(笑)惚れてまったやないかいw

    更新頑張ってね!また来きます♪
    大好きばい\(^O^)/

    晴虹   2012/05/23 02:57

  • あーちゃん!お久しぶりです*
    そして、全然来なくてごめんなさあああああい!(うざww)

    この作品は、とても色々考えさせられちゃってなかなか感想ノートに来れませんでした(:ω;)

    親って、特に母親は子供には理解できない所がたくさんあるよね。

    愛奈ちゃんは、そこめで悪い子じゃない気がする。少し、理解してあげられるのは時間が掛かるかも知れないけど、ただ臆病なだけなのかなと思う。

    ってかもう、先生の優しさにあたしまで浄化されそう←

    先生の優しさで愛奈ちゃんがどんどん素になってくれたらいいなーと思います^^

    あ、あと更新はゆっくりで大丈夫だからね!
    あーちゃんが、書きたい時に書けばいいよ(*^^*)

    また来るね、だいすき///

    藤澤紫織   2012/05/03 19:37