感想ノート

溝出さんや、秋月の京都弁おかしくないですか。「おめえ、知らねえの。ありゃただの趣味だぜ」趣味?「おうさ。ただ京都弁の方がなんかかっこいいつうから、てれびじょん見て、学んだだけで、ぎゃーっす」おお、どこからともなく刀が降ってきた!

  • 綴坂さん

    こんにちは
    京都弁のはんなりさはいいですよねぇ

    今作秋月の物語は短編ですが、双子の弟がいたりと、別作にてちょこちょこ出ています

    その度に京都弁で話しますが、やはりいいものだと書いているこちらとしては思います

    レビュー共々、書き込みありがとうございました

    空波 刻羅   2016/02/15 12:32

  • 橋本さん

    ええ、ヒャッハー、この頃は使えました←

    ですが、あっきーに足蹴にされ、盾にされるあたりは咬ませ犬。ヒャッハーは産まれながらにしての、ザコキャラであるのは変わりありませんので、ご安心くださいっ

    依子とあっきー、こんな対峙があったからこそ、今ではすっかり仲の良い茶飲み友達になっていますよ

    ではではー

    空波 刻羅   2014/09/25 09:45

  • 溝出(ヒャッハー)がヒャッハーらしくないといいますか、「凶悪な」だなんて言われて、さらには少し役に立ち。

    今回ばかりはザコキャラよりも一段階上になっているような、そんな溝出のように思っております。


    依子、秋月のそれぞれの価値観、ぶつけ合っての終結。力ばかりではないのです。


    情景描写も風流で、さすが空波さん、といったところです。


    素敵な作品をありがとうございます。

    橋本紗怜   2014/09/24 20:29

  • okitamikuさん

    こんにちは。
    タイトルに関しては、どこかで聞く言葉を使わせて頂きましたが、秋月の正義を表すのにこれ以上の言葉はないですよねぇ。

    秋月の話し方は、なんちゃって京都弁ですので、それらしい雰囲気を味わって頂けたなら、ほっとしております。本場はもっと、はんなりとした語り口なのでしょうねぇ


    相対する正義ですが、依子に負けた以上、秋月は現在、だいぶ丸くなっていますよ(笑)

    こんな正義も悪くないと、まんざらでもないようです。

    終わりよければすべてよし、ですから、二人はこれからも茶飲み友達でしょう

    ではではー

    空波 刻羅   2014/03/17 11:53

  • こんばんは、初めまして!
    題名に惹かれてホイホイやってきました。
    すっごく面白かったです!
    語りっていうんですか?
    描写っていうか、落語とか歌舞伎とかに出てきそうな(私のイメージですが)言葉が癖になります。
    秋月の話し方もキツ過ぎずゆる過ぎず良いです!好きです!

    個々に思う正義があって、秋月さんや依子ちゃんのどちらが正しいというわけではないのだなー、と思えました
    和やかな最後がとっても好きです
    素敵な作品ありがとうございました!

    okitamiku   2014/03/16 23:19

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop