ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    私は去年のバレンタインに振られた。
    振られたのは去年だけど少し未練があるなぁ。
    そんなことを考えながら、幼なじみの豹と帰っていた。すると豹が
    「紅羽、今年のバレンタイン誰かにやんの?」と聞いてきた。
    「ううん。今年は誰にもあげないよ。」と答えるとニヤニヤしながら
    「お前振られたもんな」と馬鹿にされた。そんなことを話しながら帰ると家の前で
    「明日バレンタインだな」そう言って豹は帰った。
    次の日いつも通り帰ってると急に立ち止まって豹に
    「お前やっぱ元彼引きずってんの?」
    と言われ、私は
    「うん。多分」っと答えながら歩いた。すると豹が後ろからだきついてきて
    「もう忘れろよ」と言って、チョコをくれた。
    私はびっくりして振り返った。すると豹が笑いながら
    「逆バレンタイン、俺がずっとそばに居てやるよ」と言ってチョコをくれた。
    私は照れながら
    「約束だよ」
    と言ってチョコを受け取った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「今日誰かにチョコ渡したりしました?」
    屋上での昼食中に、隣に座る後輩くんが急に顔を覗き込む

    おにぎりを頬張りながらボーッとしていた私は、突然現れた顔に驚きを隠せる訳もなく目を丸くしたままフリーズした

    「先輩、聞いてました?僕の話」

    おでこをくっつけながら「チョコ誰かにあげたんですか?」と問うてくる後輩くん

    「チョコ……?あ、今日バレンタイン……?」
    家の犬に似てるなー、後輩くん。と考えながらぼんやりと質問に質問で返す

    「やっぱり忘れてたんですね」
    呆れ混じりのため息とともに顔が離れていく

    キーンコーンカーンコーン

    「あ、先生に呼ばれてたんだった」
    またね、と髪を撫でくりまわして扉を開く。

    その時、「先輩」と呼ばれ、爽やかな香りに包まれた。

    驚いていると頬に柔らかな感触があたり、手に箱を渡される。

    扉が閉まる瞬間「ハッピーバレンタイン」と男の子の声が聞こえた気がした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「北島先輩遅いなぁ。」
    放課後の教室は思った以上に静かだった。
    そんなことを思いながら待っていると北島先輩が
    「伊藤!遅れてごめん!」
    そう言って近づいてきた。
    私は
    「忙しいのにごめんなさい。あの伝えたいことがあって」
    と言うと
    「ん?どした?」と北島先輩が微笑んだ。
    私は勇気を振りしぼって言った。
    「あの。入学してからずっと好きでした。よかったらもらってください。」
    いざ告白すると照れて北島先輩が見れなくてうつむいていた。
    その時、北島先輩の手が私の頭の上を軽く跳ねた。そして顔を上げると北島先輩が…
    「俺も好きだ。チョコもお前からしかもらわねぇって思ってた。」
    私の顔を見てそう言った。






    放課後の教室は先輩と甘いチョコの匂いがした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

百人殺せば英雄です (空波 刻羅/著)

溝出さんや、秋月の京都弁おかしくないですか。「おめえ、知らねえの。ありゃただの趣味だぜ」趣味?「おうさ。ただ京都弁の方がなんかかっこいいつうから、てれびじょん見て、学んだだけで、ぎゃーっす」おお、どこからともなく刀が降ってきた!

  • 綴坂さん

    こんにちは
    京都弁のはんなりさはいいですよねぇ

    今作秋月の物語は短編ですが、双子の弟がいたりと、別作にてちょこちょこ出ています

    その度に京都弁で話しますが、やはりいいものだと書いているこちらとしては思います

    レビュー共々、書き込みありがとうございました

    空波 刻羅   2016/02/15 12:32

  • 橋本さん

    ええ、ヒャッハー、この頃は使えました←

    ですが、あっきーに足蹴にされ、盾にされるあたりは咬ませ犬。ヒャッハーは産まれながらにしての、ザコキャラであるのは変わりありませんので、ご安心くださいっ

    依子とあっきー、こんな対峙があったからこそ、今ではすっかり仲の良い茶飲み友達になっていますよ

    ではではー

    空波 刻羅   2014/09/25 09:45

  • 溝出(ヒャッハー)がヒャッハーらしくないといいますか、「凶悪な」だなんて言われて、さらには少し役に立ち。

    今回ばかりはザコキャラよりも一段階上になっているような、そんな溝出のように思っております。


    依子、秋月のそれぞれの価値観、ぶつけ合っての終結。力ばかりではないのです。


    情景描写も風流で、さすが空波さん、といったところです。


    素敵な作品をありがとうございます。

    橋本紗怜   2014/09/24 20:29

  • okitamikuさん

    こんにちは。
    タイトルに関しては、どこかで聞く言葉を使わせて頂きましたが、秋月の正義を表すのにこれ以上の言葉はないですよねぇ。

    秋月の話し方は、なんちゃって京都弁ですので、それらしい雰囲気を味わって頂けたなら、ほっとしております。本場はもっと、はんなりとした語り口なのでしょうねぇ


    相対する正義ですが、依子に負けた以上、秋月は現在、だいぶ丸くなっていますよ(笑)

    こんな正義も悪くないと、まんざらでもないようです。

    終わりよければすべてよし、ですから、二人はこれからも茶飲み友達でしょう

    ではではー

    空波 刻羅   2014/03/17 11:53

  • こんばんは、初めまして!
    題名に惹かれてホイホイやってきました。
    すっごく面白かったです!
    語りっていうんですか?
    描写っていうか、落語とか歌舞伎とかに出てきそうな(私のイメージですが)言葉が癖になります。
    秋月の話し方もキツ過ぎずゆる過ぎず良いです!好きです!

    個々に思う正義があって、秋月さんや依子ちゃんのどちらが正しいというわけではないのだなー、と思えました
    和やかな最後がとっても好きです
    素敵な作品ありがとうございました!

    okitamiku   2014/03/16 23:19