あー、くそ。やっちまった……。

南、きっと嫌だったよな……。

頬だとしても、キスなんて……。



南の家からの帰り道、歩きながら頭を乱暴に掻く。

しかも、やり逃げみたいに出てきてしまった。



ヤバいよな……。



はあ、と大きなため息をつく。

こんなつもりじゃ、なかったんだけどな……。








俺の家は、物心ついた頃から母子家庭だった。

父親の顔は、見たこともない。

経済的に豊かだとはお世辞にも言えず、俺は高校に進学すると同時にアルバイトを始めた。



俺の通う明英高校は進学校で、アルバイトは禁止されていた。

だけど、教材費にスマホ代、食費に学費、その他諸々。高校生は、金がかかる。

バイトしないわけには、いかなかった。



俺はスーパーの中に併設されたパン屋さんでバイトを始めた。

顔は目元以外隠れているから、アルバイトしているのが俺だとバレにくい。

売れ残ったパンももらえるし、一石二鳥のバイト先だった。

そして、そこで出会ったのが桜さんだった。