ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白

    「あいつもう来てるかな?」
    そう思いながら私は廊下を

    開く閉じる

    • 後輩
    • 髪キス

    『エアラブ放送局ですが、美友先輩が今日で中学卒業です』
    『お世話になりました』

    『とっても寂しい……』
    『でも。新人が』
    『僕は美友さんじゃなきゃヤです!』

    後輩はチワワのような目で彼女を見つめた。

    『で、でも、ここでお知らせします。明日2月25日より「お嬢様と呼ばないで」がスタートで、ここには美友さんがでてきますって読めばいいの?』
    『うん』
    『……読めば会える。あ、えい!』

    ここで彼は勝手に曲を流し音声を切った。

    「美友先輩、僕、すぐ同じ高校に行きますから待っていて下さい」
    「でも。自分に合った学校に」
    「ヤです!」

    そんな彼はおねだりをした。

    「第二ボタン欲しい」
    「私の?そうだ!」

    美友は裁縫道具で互いのボタンを付け直した。

    「ね?君のボタンは私のだよ。あ?」

    彼は美友の髪にキスした。

    「これで1年我慢するか」

    春風は彼らの夢と頬を染めていた。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 壁ドン

    「帰りまーす。さようなら」

    先生『なぁー今日教科書忘れてたよな』

    「あっはい…でもちゃんと先生に報告しましたよ」

    『あーお仕置きしないとなw』

    「えっ?どういうこと…」

    先生が近づいてくる…えっ?壁ドンされてる

    『好きだよ。俺と付き合え』

    「はい!私も先生のことが大好きです」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君が落とした青空 (櫻いいよ/著)

足下の青空

  • 何回も涙を流させてもらいました。
    素直に慣れないもどかしさがとても伝わってきて私までもどかしくなりました。
    最後はお互いに笑顔で終われて後悔はほとんどないと思うので、良かったと思いました。
    一日一日を大切に、できるだけ素直に生きていこうと思わせてもらい、この本に出会えて良かったです。

       2019/09/30 23:00

    >業さま

    二回もコメントをくださりありがとうございます。
    涙まで……
    素直になれない不器用なふたりを最後まで見守っていただけたこと、本当に嬉しいです。このお話で業さんと出会えたことに私も嬉しく思います。

    作者からの返信 2019/10/02 14:22

  • 何回も何回も同じ日を過ごしても変えられないことはあるけど、変えられないことより変えられることの方がたくさんあり、少しの勇気が大切だと思いました。また、うわさだけを信じずに生活しようと思いました。
    一日一日を大切に後悔しないように、思っていることはしっかり伝え、笑顔を絶やさずに生きていこうと思わせてもらいました。

       2019/09/30 22:50

    >業さま

    こんにちは、読んでいただきありがとうございました。
    小さななにかでつながっていくものなのではないかなと、そんなことも考えながら書いたので、感想すごく嬉しいです。
    どちらが正解か、幸せなのかは結局ひとつしか未来が見えないので(現実は)難しいですが、振り返ったときにその道を選んだ自分に自信が持てるといいなと想います(それでも私もたくさん後悔がありますが……

    思い込みっておそらく、自分ではそういう自覚があまりないのかなと。悪気がなく、怖かったりときに納得してしまったりすると、自分でも気づかない間にそれが正しいことになってしまうのかもしれません。

    それを時々でも思い出せたらいいなと、そしたら、向き合うきっかけになるのかなとそんなふうに想います。わたしもまだまだできていないのですが…

    作者からの返信 2019/10/02 14:20

  • 最初は、なんで自分に対しての手紙か確認しないのかなと思っていましたが、確認しなかったことから始まる恋にキュンキュンが止まりませんでした。ラストの告白の後の交換日記の相手が誰だか知っていて交換日記を続けた理由もドキドキしてなんども読み返しました。予想以上の展開がとても面白かったです。

    TORAKO   2019/09/26 00:36

    >TORAKOさま

    はじめまして。
    こちらの感想、おそらく「交換ウソ日記」かと思うので、そんな感じのお返事をさせていただきますね(作品たくさんあると見つけるの難しかったりしますよね。私もよくします…
    手紙を確認したらよかったんですよねえ、そうなんですよねえ。
    でも最後まで楽しんでいただけた嬉しいです。読んでいただきありがとうございました。

    作者からの返信 2019/10/02 14:16

  • あたり前のように過ごす毎日は、いつ、何が起こるかわからない。
    だから、1日1日を大切にしていきながら、苦しい時でも、下を向かず青空のような笑顔でこれから過ごしていこう!って思いました!

    コト   2019/09/22 21:01

    >コトさま

    このお話を読んでいただきありがとうございます。
    突然世界がひっくり返るようなことが起こりますが、そういうときって不思議なことに気を抜いているときだなあと思ったりします。とはいえ、幸せに満ちた日々を過ごすこともなかなかできることではないのですが…。
    だからこそ、幸せをちゃんと感じながら過ごせたらいいなと、そう思って書いたお話だったので、そう言っていただけて嬉しいです。
    (でもたまには下を向いて立ち止まったりもして、無理なく過ごしてくださいね…!そうすることで前よりも笑えることもあるのかもしれないな、なんて

    ちなみにわたしは定期的に落ち込んでそういうときはごろごろしています。

    作者からの返信 2019/10/02 14:14

  • この本は私に一日の大切さ、後悔のないような生き方を教えてくれました。現実では時間は戻すことが出来ない中、本の世界では同じ日を何度も繰り返す主人公に羨ましさを感じました。何度を大好きな人が事故に会うシーンを迎えその度に泣き叫ぶ実結。悲しさと共に実結の後悔が伝わって痛々しい気持ちになりました。大好きな人なのに気持ちを伝えられない、素っ気ない態度を取ってしまう、もっと優しくして欲しいのにそんなこと言えない。。実結の気持ちや行動を自分と照らし合わせてみてしまいました。本当の気持ちに気付き変えようと行動を続けることに意味があるんだなと思いました。思っていても伝わらない、何も変わらない。自分が変わらないといけないんだと思いました。本当のことを言いあえたからこその結末だったと感じます。後悔しても時間が戻らない現実世界では、一日一日を大切にすること、それだけなんだなとおもいます。明日、今日この瞬間に何があるかわからないからこそ日々の生活を愛おしく思えました。私もどんなときも笑顔で後悔のないような人生を送りたいです。

    さき   2019/09/14 08:25

    >さき様

    こちらの作品も読んでいただき、感想ありがとうございます。
    現実には決して時間は戻らない、だからこそ今日の過ごし方で何かが変わるのかなと思います。やり直せるって羨ましいですよね。でも、やり直したものが正解かどうかは実際、未来にならなければわからなかったりもするのですが。その未来で少しでも受け入れることができるように、今を過ごすのかなと思ったりします。

    主人公はそりゃあもう拗ねちゃって素直じゃない女の子なのですが、誰にでも大なり小なりそんな一面ってあるんじゃないかなと。全てを理解し合うのは本当に難しくて、それよりもすれ違うほうがずっとずっと簡単なことのような。
    でもほんの少しだけ素直になると、相手の気持ももしかしたらほんの少し理解できて。理解しようと思うところから何かがかわるような。

    と言っても私もまだまだなのですが。
    なにがあるかわからないというのは、いいことももちろんあるということなので、そういうのも楽しめるように過ごせたらいいなと思います。

    このお話からいろんなことを感じてくださり本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2019/09/17 22:38