ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 大学の先輩
    • 休日
    • スイーツ
    • 食べさせてくれる

    大学の先輩と、休日にデート
    おしゃれなカフェでスイーツを頼んだとき、頬張りすぎてほっぺに食べ残しが…!
    それを見たときに、放っておけないといいスプーンで食べさせてくれる
    こちらは、心臓ばくばく

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

新しい歌 (稲葉禎和/著)

この作品から、何かを感じ取って頂けたなら、作者としてこの上ない喜びであります。

  • 愛水さん、こんばんは。

    いつも私の作品を応援して下さり、本当に感謝するばかりです。

    こちらの作品にも素敵なレビューを頂き、きっとレイちゃんも、

    「さいっこう!」

    て言ってると思いますよ。

    これまでの作品とは、ちょっと毛色の違う作品ですが、気に入って頂きロンリーハーツの面々も大喜び。

    そうですか、横浜にもいらっしゃったんですか。

    ちなみに作中の檜町公園は六本木ミッドタウンの裏にありますよ。

    稲葉禎和   2010/06/15 19:17

  • こんばんは。

    こちらの作品にもお邪魔させていただきました。

    もう、しょっぱなからガッツリ心を奪われてしまいました。

    中・高校時代バンドをやってたのですが、何だかその当時を思い出してしまい、いてもたってもいられないって気分です。

    レイちゃんの歌をぜひ聞いてみたいなって思ってしまいます。

    うまく言葉で伝えられないのがもどかしいですが、本当に本当に本当に素敵な作品ありがとうございました!

    この作品に出会えて本当に良かったなって心から思います♪

    あっ、またちなみになのですが荻窪のあと横浜に住んでいたので、おぉ、また見知った場所だと思ってしまいました(笑)。

    愛水   2010/06/15 18:23

  • 気心が知れていたら、酒の値段なんか気になりましぇん。

    いつかがっつり飲みたいもんですなぁ〜

    卯月心   2010/06/08 20:03

  • すいません。
    今さら名前を打ち間違いました。

    稲場さんじゃなくて、稲葉さんでしたm(__)m


    かしこ、は女性表記ですが、敢えて使ってみました。

    いや〜ん(爆)

    卯月心   2010/06/04 15:59

  • 素敵なレビューありがとうございました。

    夜の世界や人の持つ心の深淵を描いてきた僕が、何故あれを書こうと思ったのか……。

    単純に高校野球が幼い頃から好きだったというのもありますが、今年の選抜決勝戦を見ていて、作中の主人公のことを思い出したからです。

    彼は実在の人物です。
    そして、小中学校の同級生でもあります。

    そして、彼はまだとある球場で販売員をしています。
    なので、後半はフィクションなんですよ。

    けれども、彼がプロという世界を去った後も野球に携わり続けているという事実が、未だに野球というスポーツへの情熱を持ち続けている証だと思い、当該作品を書いてみました。

    一時間足らずで書いたものでしたが、稲場さん初め、このサイトで仲良くさせて頂いている方々には予想外に(笑)高い評価を頂戴して、驚いています。

    しかし、読み返すと手前味噌ながら、なかなか良く書けたな、なんて思ったりもします。

    あれは、自分への叱咤であるのかも知れません。

    諦めた夢、挫折した思い、しかし捨てきれないもの。

    人はそれをただの思い出とするのか、或いはそれを転化させ違った情熱へと己を導くのか、二通りあるのではないかと思います。

    僕は後者でありたい。
    過ぎ去った時間は取り戻せはしないけれど、自分に未来が無いわけではない。

    それならば、青く未成熟ではあったが、ひた向きに何かを追い掛けていた時の気持ちを他の何かに注ぐというのも、また青春であると思うのです。


    “青春”という、口に出すと少し照れ臭い言葉。

    しかし、それを忘れずにいれば、まだまだ何かに情熱を傾けられるのだ。

    後付けになってしまいましたが、読み返す度にそう思うことが出来ます。

    今、それは僕にとって書くことなのでしょう。

    映像ではなく、文字を書くという一番単純な行為であるからこそ、伝えたいメッセージを十分に伝えるのは難しいことではありますが、文字にしか出来ない表現方法もあり、その可能性は無限大です。

    長くなりましたが、これからも先ずは自分を、そして叶うのであれば人を感動させるものを描けるよう、お互いに努力しようじゃないですか。

    そう、言える相手が見付かっただけでもそれはかけがえのない財産です。


    かしこm(__)m

    卯月心   2010/06/04 15:28