ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 体育館

    「はぁー、もうなんで今日に限って鍵当番なのー…」

    今日は珍しく部活が長引いて、外はもうかなり暗い。
    体育館は電気を消して鍵をかけるから真っ暗の中を扉まで進まないといけない。

    「あー、やだよ…怖いな…」

    「片瀬さん大丈夫?」

    急に声がかかってびっくりする。この声は多分須賀くん。

    「須賀くん…どうしたの?」

    「いや、ボールのメンテしてたら急に電気消えてさ、閉じ込められる!って出てきたら片瀬さんの声が聞こえたから…」

    「あぁ」

    「行こう?鍵閉めるんでしょ?」

    「うん」

    2人で暗闇の中を進んだ。話しながら行けば怖くなかった。

    「ありがとね、須賀くん。」

    「いや、俺なにも…閉じ込められなくてよかった」

    思わずふふっと笑う。

    私、知ってるよ。ボールのメンテなんてしてなかったこと。
    ドアから出る時、ちょうど電気消しちゃって、不安なのに気づいてくれたんだよね。

    ありがとう。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 通学路

    「まこと、おはよう」

    「おはよ。涼。」

    これは涼。幼馴染みであり、私の好きな人。

    家が近所で、高校生になっても一緒に通学している。

    「まこと、寝癖。」

    ぽんと頭の上に手を乗っけてくる。寝癖、直らなかったんだもん。

    「知ってる!」

    「直してこようよ…女子なら…」

    そう。涼は、オカン気質の天然男子なのだ。

    その、顔面偏差値の高い顔でほわっとした雰囲気に惚れる女子も多く、ライバルはたくさん。

    正直叶わぬ恋のような気もするけど、こうやって一緒に登校できることが私の唯一の特権。

    一緒に通学できることが実は幸せだったりする。

    「まこと、前に段差。」

    「あ、ほんとだ。」

    「まこと、信号赤」

    「あ、そうじゃん」

    …涼……絶対私のこと娘かなんかだと思ってる…

    「まこと、ドジだもんな。」

    「私はドジじゃなーい!!」

    路地に私の嘆きが響いた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 告白

    久しぶりの2人でのお出かけ。
    「琉偉私ね、琉偉が好き。琉偉とずっと一緒にいたい。私と、付き合って下さい。」
    帰り際に私は2年間言えなかったセリフを言った。
    長い沈黙の後、琉偉は口を開いた
    「俺は、、やめときな」
    目をそらす琉偉は悲しそうな目をした
    「俺の浪人中愛はずっと応援してくれたけど、俺なんにもできなくて、そんな余裕持てなくて、カッコ悪い。弱いんだ俺。」
    そんなことないよ。琉偉
    「俺は愛を大切に思う。だから、、もっと、」初めて琉偉の涙を見た。
    私は思わず抱き寄せた。
    「頑張った琉偉はカッコいいよ。弱くなんかない。強い琉偉を沢山知ってるよ。」
    きっと浪人で疲れたんだろう。
    「頑張ったね。」
    「俺、友達みんな、今頃大学で、楽しんでるんだろうなって」 うん。
    「俺のこととか忘れてんだろうなって、」うん。
    「私は琉偉を忘れたことないよ。」
    チュッ。琉偉からの長いキスは、
    琉偉の涙の味がした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

まほろば【古代編】 (愛水/著)

感想やアドバイスいただけると嬉しいです♪

  • >稲葉禎和さん♪

    最後まで読んでいただき、しかも素敵なレビューまでいただいてしまって感激です!

    どうもありがとうございました!!

    そして、先日は貴重なアドバイスまで本当に感謝してもし足りないくらいですm(_ _)m

    私が優しいかどうかはわからないですけど、なかなか人が死ぬ場面というのが書けなくて、そういうところも含めて甘さがあるなとは感じています。

    課題はまだまだ山積って感じですが、とにかく書くことですよね。

    私も、皆が好きな時代って言うのも好きなのですが、何故か古ければ古いほど惹かれてしまう傾向があるみたいで、この作品は自分の好きなことを詰め込んだ感じになってしまっています(^-^;

    何はともあれ、本当に読んでいただきありがとうございました。

    現代編は、直しがなかなか進んでいないので気になさらずに。

    稲葉さんも、公募に向けて色々と大変でしょうが、応援してますのでお互いに頑張りましょうね!

    愛水   2010/12/19 18:18

  • こんにちは!
    先日は、大変失礼致しました。
    寝落ちを堪えながら、先ほどようやく完読させて頂きました。
    後半からの疾走感に久々眠るのを忘れて一喜一憂させて頂きました。ありがとうございます。

    読んでいて一番感じましたのは、愛水さんの本来持っていらっしゃる優しさが、作品全体にあふれていると感じた点でした。

    アキが幾度か戦う場面、ツクヨミと土蜘蛛との絡み……

    アキは作中の中で何人も殺めてしまった、と後悔の台詞を言いますが、実際には作者である愛水さんは命を失う場面を描いてませんよね。

    作中の言葉にもありました。

    「……どんなものにも命がある」

    と……。

    愛水さんのがこの作品に込めたメッセージみたいなものをそこに感じました。

    最近の若い方には、特定の時代以外の歴史を余り好まない傾向があります。古代史は確かに難しく、背景もなかなか理解出来難かったりしますが、それをより判り易くという意図で書かれてあるとすれば、それも愛水さんの持つ優しさなのかなと、勝手に思ったり……。

    古代を舞台にした歴史小説という意味合いではなく、ファンタジー世界を借りた少年少女の成長期として捉えれば、それこそ『ブレイブストーリー』的な作品なのだなと感じ取れます。

    コバルトへの出品、力一杯頑張って下さい。チャレンジした時点で、その意義が生まれます。大変かと思いますが、どうか頑張って下さい。

    私も、『迷宮の魂』とは別に、一月公募の文芸賞へ作品を送るべく頑張ろうと思い準備に入りました。その勇気をこちらの作品から頂けて心から感謝して居ります。

    さあ、今度は現代編だあ…(亀読者になりますので、ちょっとお時間を頂くかと…苦笑)

    長々と失礼致しました。

    稲葉禎和   2010/12/18 13:36

  • >稲葉禎和さん♪

    読むの全然遅くないですよ。むしろ早いと思います。ありがとうございます♪

    宮部みゆきさんとか大好きなので、そんな風に言っていただけると嬉しい反面、恐縮です(笑)。

    名前は、ほとんどは古事記からもらってます。アキとホムラは違うのですが。後、トヨともう一人もちょっと違うのですがそれは、あとがきに書いてあるので読んでいただければ何が出典(?)かわかっていただけるかなと思います。

    何はともあれ、本当に読んでいただき、感想まで書いていただきありがとうございます!

    愛水   2010/12/13 22:20

  • こんばんは。ようやく【アキの章…前編】まで来ました。読むのが遅くてすみません。

    完読してからまとめて感想をと思いながら、きめ細やかな文章、描写、展開に、思わずジャンルは違いますが宮部みゆきさんの作品を彷彿と致しました。

    自分の中で、女性作家の方は男性に比べて視点が細部にまで亘り、違った意味での厚みを感じさせる…というイメージがあるんです。

    高村薫さんもそうですし、前述の宮部みゆきさんの「模倣犯」や「ブレイブストーリー」を読むと、強く感じます。

    人物の名前は、すべて何か意味があるのですか?

    だとすれば、かなりそういった資料を読まれた上でのものでしょうし、完全な創作だとすれば、ネーミングのセンスには脱帽するばかりです。

    もうそれだけで古(いにしえ)の匂いがしますから。

    さて、いよいよ後半。

    完読までもう少しお時間を下さいませ。

    では又、失礼致します。

    稲葉禎和   2010/12/13 19:15

  • >稲葉禎和さん♪

    お越しいただきありがとうございます。

    私の文章は、私がおばかなものですから自分のわかる言葉でしか書けないんですよね(^-^;

    私としては、稲葉さんの文章に憧れます。

    気づいたら長くなってしまったお話なので、のんびりと読んでいただけたらと思います。

    愛水   2010/12/03 21:41