ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 同居【お題】
    • ほっぺにキス

    「ねぇ」

    「なぁに?春くん?」

    「今日の夜ご飯なに?」

    ボソッと呟いた隣の席の彼は、私の顔を見つめながらそう言ってきた

    「んー…どうしよっかな…春くん、なにかリクエストある?」

    「オムライス」

    そんな可愛いことを言うものだから思わず口が緩む

    「ふふっ、大好きだよねオムライス」

    「うん、好き」

    小さいころからの大好物らしく、よく作ってほしいと言われることもしばしば

    「じゃあ、オムライス作るねっ…!」

    そう言って、私も微笑み返す

    「っ…、あー…もう…可愛すぎ」

    「…?春く…」

    チュッ

    「っ…!」

    私たちの席は、窓側の一番後ろの目立たない席

    だから、頬にキスをされたとしても誰にも気づかれはしない

    「は、春くん…っ?」

    「お腹すいたから、由々食べた」

    「っ…もう…っ!春くんのバカ…!」

    もっと食べて欲しいなんて思ったのは春くんには内緒

    開く閉じる

    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 髪クシャ

    『ごめん遅くなった』
    『気にするな乗れよ』
    車に乗り家帰る前にスーパーで買い物していた。
    『何食べたい?』
    『なんでも良いよ』
    食べたいものくらい言えば良いのに作る方も大変なんだよ。
    適当に食材を選んで買い物を済ませた。
    家に帰ると彼はテレビを見て私は料理をしていた。
    『いたっ・・・』
    手を滑らせて手を切ってしまった。
    すると彼が側に来て水で傷口を水で流す。
    手を触れられてドキドキしていた。
    いつも無関心なのに何かあると必ず助けてくれる。
    私の幸せな時間だった。
    彼に手当てしてもらって謝ると。
    『気をつけろよ』
    髪クシャっとされて顔が暑くなる。
    彼は私から離れながら言う。
    『ドジだな、まっそこが良いけどな』
    『ば、ばか』
    急な言葉で胸のドキドキがヤバい。
    『なあ?』
    『なに?』
    『俺をあまり本気にさせるなよ?』
    『はっ⁉︎ なんで』
    『これ以上の愛し方まだ知らないから』
    もう言葉でないよ…

    開く閉じる

    • 総長
    • 授業中
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「葵、お前の闇を見せてくれよ」

    『嫌よ、何であんたなんかn』

    「俺が知りたいから。守りたいからだ」

    『……分かったよ』

    「ありがとう」ギュ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

†Dragon Guardian† (織蕗/著)

【近々停滞を解除予定】
著しい文体変化+勢い重
視でお送りしている代物
ではございますが、もし
宜しければ感想のご記入
をお願いします m(_ _)m

  • <モモ屋様>

    ご無沙汰してますこんばんは♪いえいえ、こうしてわざわざお越しくださっただけでも非常に嬉しいですので、どうぞお気になさらずに (*^_^*)

    そして諸々のお祝いのお言葉まで頂き重ねて御礼申し上げます。全くのずぶの素人なので険しい道のりであることが大いに予想されますが、モモ屋様の声援を糧に自分なりに精一杯頑張っていきたいと思います p(^-^)q

    正直私も始める前までは小説の方が漫画よりも簡単だと思っていたクチでした。ですが、読者様の視覚に訴えかけられない分文字だけで全てを表さなければならないため、常々己の未熟さや描写の難しさを痛感しております。その上、短編と銘打っているものが2年近く経っても終わらないという悲しい事実(結末は決めているのですが、ね)。う~ん、早いところ終わらせたいものです (^_^;)

    そして、拙作だけでなくイラストまで見てくださっているようで恐れ多いやら有難いやら……どちらも好き勝手にやらかしている代物ではございますが、またお時間の宜しい時にでもちらりと覗いてやってくださいませ。

    私も“くれいじーらぶ”並びに“男子寮”、そして“双子愛(漫画版)”をコソコソ追っかけさせて頂いております♪こちらこそ、活動率の低さが板に着いてしまった輩ではございますが、今年も是非是非仲良くしてくださいませ。そして、3月半ばとはいえまだまだ寒暖の差が激しい気候が続いておりますのでくれぐれもお体だけにはお気を付けてくださいませ (人・ω・)

    織蕗   2012/03/15 22:22

  • 織蕗さん☆
    ご無沙汰してますm(__)m

    年始めにご挨拶の言葉いただいてたようで(^o^;)
    お返事遅れましてスミマセン(>_<)

    まずは卒論完成&就職おめでとうございます
    ( ´∀`)/
    セラピストって素敵ですね(*´∇`*)癒されたい…
    研修大変かと思いますが、夢に向かって頑張ってください!


    それから、私の作品に感想ありがとうございました☆
    『くれいじーらぶ』はまあ、なんというか…お遊びです(笑)
    『狂愛』のお話が暗い終わり方なので明るく書いてみました(^o^ゞ短編です。

    短編といいつつ最近中々筆が進まず(^o^;)完結しないのです。

    小説って漫画描くより全然早いって思っていたのですが意外と難しい物なんですね(´-ω-`)

    織蕗さんの小説も更新されていたので読みました。時間が空いてしまったので今度また最初から読んでみます☆
    HPも時々お邪魔してイラストとかのぞいてます
    (*^^*)

    それでは最近サボりがちで活動率の低い私ですが、今年も仲良くしていただけるとありがたいです(^-^)/


    ※顔文字乱用すみません
    (つ´∀`)つ

    モモ屋   2012/03/15 13:48

  • <いいよ様>

    おはようございます♪再びこちらまでお越しくださり誠に有難うございます (^O^)/

    都の話は当初から大まかな骨格は決めていたものの、如何せん辻褄合わせが予想以上に難航したため一時はどうなることかと冷や汗ものでしたが、何やらわくわくして頂けたようで非常にほっとしました。

    またメインの2人だけではなく、睦月や翠に関しても気にかけてくださり作者としては大変嬉しいです。“とにかく一人一人を個性的に”“設定が複雑な分描写だけでも分かりやすく”を密かに心がけていた甲斐がありました o(^▽^)o

    さらにこちらの一身上の都合で更新が停滞しているにもかかわらず、温かいお言葉を賜り感涙で目の前が滲んでおります!!この先の展開も前々から書きたかった部分なので、マイペースながらも更新を進めていきますね。

    それでは、この度はお忙しい中素敵な感想を書き込んでくださり嬉しかったです♪本当に有り難うございました (人´∀`)

    織蕗   2011/02/24 07:48

  • こんにちわ。
    のろのろですいません…更新分まで拝読させていただきました。
    都ちゃんのお話になんだかとてもわくわくとして、そこからは一気に読んでしまいました。

    キャラクターみんなが本当に生き生きしていて、みんな大好きです。

    何よりも少しずつ力を持ち、その力で必死に守る姿は本当に勇気づけられるようです。

    2人のこれから、また伝説のドラゴンの存在にドキドキです…!
    翠の話もあるしもう色んな事が楽しみです///

    織蕗さんのペースで更新頑張ってください。

    まだまだこれからも楽しく読ませていただきます。

    櫻いいよ   2011/02/23 18:54

  • <シューゴ様>

    こんにちは、再びこちらに足を運んで頂き誠に有難うございます♪その上更新分までご覧くださったようで……本当にお疲れ様でした (^O^)

    正直弥嘉がウジウジし過ぎていないか??壱加が事あるごとにキレすぎていないか??と心配していたのですが、それにもかかわらず彼女達の本質をきちんと感じ取ってくださり、何より二人の絆の深さを感じてくださったようで大変嬉しいです(二人で補い合う存在というのを常に意識しているため、シューゴ様のお言葉で非常に報われました)。

    至る所に伏線をばらまきまくっている代物ではありますが一つ一つ丁寧に回収していけるよう、そして今後もハラハラドキドキして頂けるよう頑張っていきますね p(^-^)q

    それではこの度はお忙しい中書き込みをしてくださり、またお気遣い頂き本当に本当に有難うございました。

    織蕗   2011/02/17 11:48