ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン
    • 授業中
    • 教室

    あっ!
    次絶対当たるのに、教科書忘れちゃった!!
    「どぉしよう......」
    そうして、一人で騒いでいると隣の紫乃君がそっと席をくっつけてきた。
    「あ、あの。紫乃くん?」
    「教科書......無いんでしょ。」
    紫乃君はそう言って本に視線を戻してしまった。

    授業が始まり......

    「あ、あの教科書借りるね。」
    「......どうぞ」

    ふぅ。

    「あの、教科書ありがとう。」
    そっと微笑んで見る。
    「どういたしまして......」
    ほっとして席に着くと、
    「!?////」
    ......な、なに?!
    紫乃君が手に指を絡めてくる。
    「ちょっ!」
    「どうしたの?」
    紫乃君がイジワルに笑った。

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「何〜窓を見てボーとしているんだよ!めぐが美人やったら、 
     絵になるのにな〜」

    「美人じゃなくて悪かったわね〜。どうせ大みたいにモテないし
     …なんで大がモテるか分からない。」
    (本当は知っている…だって、私も大好きだから…」

    「みんな俺の魅力に気付いてるだよ…なんてな(笑)。」

    「分かったから向こう行って。又言われるから」
    (あー言ってしまった)

    「誰から!何を?」
    大は少し怒って私に近づいて

    「俺が誰といようが誰にも関係ない!大好きなやつといてどこが
     悪い。」

    「大好きなやつ?」

    「私、大が言う様に美人じゃないし…」

    「バーカ。美人やったら俺が困るし…俺にとってめぐは美人より  
     上で大好き。お前の気持ちなんてもう知っているし…今日から
     お前は彼女だし…」

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室
    • 恋人ごっこ

    「カップルなんか見つめて、どうしたの?」

     突然の声に驚き振り向くと、クラス一人気者の彼が立っていた。

    「彼氏、欲しいの?」

     窓から偶然見えた、一組のカップル。

     手をつないだり体を寄せ合ったりして、とっても幸せそうだった。

     私もいつか、大好きな人とあんなふうに。なんて思っただけ。

    「じゃあ、する?」

     え、と声が出る前に手を握られた。

    「恋人ごっこ」

     引き寄せられ、彼の体にぶつかる。ぎゅっと強く、けれど優しい力で抱きしめられた。

     シャツの感触、熱い体、彼の匂いにドキドキする。胸が苦しい。

    「緊張してんの? 可愛い」

     細くて長い指が、私の頭に触れ、撫でる。

    「キス、してみる?」

     どこもかしこも整った顔を近づけられ、恥ずかしさのあまり目をつぶる。

    「ごめん、やりすぎた」

     目を開けると、優しく笑う彼が言った。

    「キスは、ホントに付き合ってからな」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

『春・夏・秋・冬~巡る季節』 (咲倉ゆら /著)

  • >陽ちゃん

    続編にもお付き合いくださいましてありがとうございました(^^)

    大切な人を失ったら、しばらく立ち直れないよね。きっと海月もそうだと思います。

    秋は春や夏に凄く支えられてますよね。良い友人を持って幸せ者ですね。いいなあ~←?

    またまた素敵なレビューまでいただいてしまって(><)

    本当にありがとうございました!

    咲倉ゆら    2009/01/15 21:17

  • くらちゃん(≧∀≦)


    遅くなっちゃったけど、読ませて頂きました♪

    …切ない(>_<。)
    秋の気持ちわかるなぁ〜…。私も絶対喪失感?に襲われるもん(:_;)

    でも、前を向いて歩き出した秋にホロリときました☆


    素敵な続編ありがとうございます♪


    続き読みに行ってきます(^-^)

    陽生   2009/01/15 17:22

  • >ともちゃん

    はい。
    好きな人を失ったら、こうなるんじゃないかという海月の妄想から始まりました…。

    続編も最後までお付き合いくださってありがとうございます!

    私たちの想いがこもったラストが好きだと言って貰えて、本当に嬉しいです。

    他3名の素晴らしい作家さまとともに書けたことも幸せでした♪

    素敵な感想をありがとうございました!

    咲倉ゆら    2009/01/10 22:52

  • くらチャン、続編も完読させてもらいました☆彡

    秋は冬を失って、前に進めなくなっちゃったんだね。
    仕方のないことだけど、やっぱり悲しい・・・。

    皆が幸せになるのは難しいのかな?って思ってて、このラスト・・・。

    やっぱりこの作品好きだぁ!!



    4人の作者様方の実力が圧巻です(・∀・)ノ

    水樹 友禾   2009/01/10 11:29

  • >ちーちゃん

    そうですね。あんな形で目の前から去ってしまった冬。忘れられないのも無理はないと思います。
    それでも、気持ちはゆっくりと動いていくもので…。

    今後の展開はもう読んだかな?
    今回も皆様に素敵に繋げていただいて、大満足しています(^^)

    ちーちゃん、読んでくれてありがとう!

    咲倉ゆら    2008/12/26 09:21