その甘さ、危険度MAXにつき。

恋愛(逆ハー)

きよ/著
その甘さ、危険度MAXにつき。
作品番号
1725246
最終更新
2024/06/11
総文字数
3,351
ページ数
11ページ
ステータス
未完結
PV数
203
いいね数
3

ケーキバース。


捕食者のフォークは

ご馳走のケーキには目がないんだとか。



でも、フォークもケーキも

あくまで人間。



ケーキは自分がケーキだと知らないまま

一生を終えることもある。


でもそれは捕食者に会わなければの話。




「おまえ、ケーキ?」

「いいよ。俺が守ってやる」

「その代わり、ご褒美ちょーだい」


「少し、だけですよ……?」




その甘さ、危険度MAXにつき要注意。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop