推しの育て方を間違えたようです~推し活に勤しんでいたら、年下王子の執着に気づけなかった~

ファンタジー

たちばな立花/著
推しの育て方を間違えたようです~推し活に勤しんでいたら、年下王子の執着に気づけなかった~
作品番号
1724703
最終更新
2024/06/17
総文字数
63,767
ページ数
85ページ
ステータス
未完結
PV数
4,309
いいね数
3
好きだった小説の世界に転生してしまったことに気づいた公爵令嬢のミレイナ。
しかし、彼女は原作の中では名前も出てこないモブだった。
ミレイナは原作が始まるまでの八年間、前世の推しでもあるセドリックの成長を見守るため、家の力を使って彼に近づくことにしたのだ。

セドリックの友人という立場を死守し続けたミレイナは二十三歳になっていた。
そろそろ自分の結婚相手を探すため、セドリックの側を離れたが、彼は気に入らなかったようで――!?

「もうこれ以上我慢しないし、もう『弟』だなんて言わせない」

執着系年下王子と無自覚天然ゆるふわ令嬢の、なかなか噛み合わない恋の行方は――?


2024.5.17〜



小説になろう様、カクヨム様でも公開中です。
あらすじ
執着系年下王子×無自覚天然ゆるふわ令嬢の噛み合わない恋の行方

この作品の感想ノート

作成変更が楽しみです

2024/05/27 18:28

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop