あやかし捜索係は、やがて皇太子に溺愛される

ファンタジー

森田あひる/著
あやかし捜索係は、やがて皇太子に溺愛される
作品番号
1723951
最終更新
2024/05/09
総文字数
100,729
ページ数
102ページ
ステータス
完結
PV数
59,602
いいね数
30
ランクイン履歴

ファンタジー6位(2024/05/16)

ランクイン履歴

ファンタジー6位(2024/05/16)

実家の借金返済のため、後宮の下女として働いている朱璃(しゅり)。
友人はできないが、昔から視えるあやかしとの交流が毎日の楽しみだった。

そんな時、皇太子と妃の初夜の部屋に貂々(てんてん)が乱入し、それを阻止しようとした朱璃は「初夜を妨害した」と妃に責められる。
しかし皇太子の伯蓮(はくれん)は、そんな朱璃を自分の宮の侍女に抜擢。実は伯蓮もあやかしが視えていて、初夜妨害の真意を理解していたのだ。

「朱璃に頼みがある」そう言い出した伯蓮は、朱璃を行方不明のあやかし捜索係にも任命。
さまざまなあやかしと交流する中で、知らず知らずのうちに朱璃は事件に巻き込まれていく。

侍女兼あやかし捜索係の朱璃と、皇太子であやかし好きな伯蓮。身分の違う二人が織りなす、恋愛中華ファンタジー。




※初中華です。勉強不足もあると思いますがフィクションとしてお楽しみください。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

ほぼ(^ー^)😉👍️🎶でしたが朱璃と伯蓮のその後が読みたい❗です‼️

ひめかさん
2024/05/11 00:27

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop