遠くに行ってしまった幼なじみが副社長となって私を溺愛してくる

恋愛(ピュア)

有木珠乃/著
遠くに行ってしまった幼なじみが副社長となって私を溺愛してくる
作品番号
1723787
最終更新
2024/05/18
総文字数
29,768
ページ数
55ページ
ステータス
完結
PV数
46,595
いいね数
53
☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆


リバーブラッシュの新入社員
高野辺 早智(こうのべ さち)22歳

×

リバーブラッシュの副社長
白河 辰則(しらかわ たつのり)22歳


☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆


社内での立場は新入社員と副社長の二人。
けれど本当は幼なじみで、立場さえも違う。

ヒロインを手に入れるために成り上がったヒーロー。

一途に想い続けて、手を伸ばした先に待ち受けていたのは……。
あらすじ
休日、入社したての会社の周りを散策していた高野辺早智。
そこで、中学校に入学するのを機に、転校してしまった幼なじみ、名雪辰則と再会する。
懐かしさをにじませる早智とは違い、辰則にはある思惑があった。
辰則はもう、以前の立場ではない。
リバーブラッシュの副社長という地位を手に入れていたのだ。
それを知った早智は戸惑い、突き放そうとするが、辰則は逆に自分の立場を利用して強引に押し進めてしまう。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

「これ以上のメリットはないよ」の、雪くんの言葉が素敵でした。
ラストのキスにも、キュンキュンさせて頂きました💓

2024/05/18 19:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:5

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop