ひとつのおむすびがきっかけで、凄腕救急医に溺愛されることになりました

恋愛(ピュア)

桜野はなびら/著
ひとつのおむすびがきっかけで、凄腕救急医に溺愛されることになりました
作品番号
1718280
最終更新
2024/04/13
総文字数
27,950
ページ数
51ページ
ステータス
未完結
PV数
95,336
いいね数
112
街の人気おむすび販売店で働く陽菜。

お店の常連客だという男性にストーカー行為をされていたところ
通りがかりの男性、涼真に助けられた。

営業マンだと思っていた彼。
実は、優秀なドクターが集結していると噂の総合病院――藍木総合病院の救急医だった。


このストーカー事件をきっかけに、仲良くなった2人。

でも、陽菜には誰にも知られたくない悲しい過去があった。


「大丈夫だ。陽菜のすべてを受け入れるから」


1つのおむすびが、2人の絆を結んでいく――。


*⑅୨୧┈ ︎┈┈┈┈‎✿┈┈︎‎✿┈┈┈┈ ┈୨୧⑅︎*

おむすび屋さん店員
佐竹 陽菜 26歳
×
救急ドクター
蒔田 涼真 32歳

*⑅୨୧┈︎ ┈┈┈┈‎✿┈┈︎‎✿┈┈┈┈ ︎┈୨୧⑅︎*



「ケーキ入刀じゃなくて、おむすび入刀にしようか」



2024.2.21 執筆開始



※心を込めて一つひとつ丁寧に執筆しています。
至らない点などありますが、作品・キャラクターへの批判はトラブルの原因に繋がりますのでお控えください。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:12

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop